昇格しました&サラリーマンの宿命に思いを寄せる2009年04月03日 23時20分

一般職3級から総合職に昇格しました。

いうなればたまねぎ剣士から戦士にジョブチェンジしたようなもの。
(「カイシャ」という世界では、たまねぎ剣士はどこまでレベルを上げても最弱ジョブな訳ですがw)

一応最短年次での昇格だったわけですが、ここから個人ごとに昇格のスピードに差がつき始めます。
実際、僕がよく知っている同期は昇格を果たせていませんでした。
致し方ないこととはいえ、同期の間で眼に見える形で差がつくのは何ともやるせない気がしてなりません。

宮仕えの道を選んだ以上、それなりの地位を得て思う通りに采配を振るってみたいというのは希望としてありますが、未だ甘チャンな僕は、こういうところはすっぱりとは割り切れません。

コメント

_ Maira ― 2017年05月09日 12時22分

Hi my family member! I want to say that this article is awesome, great written and include almost all important infos.

I'd like to look extra posts like this.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://reallifecreation.asablo.jp/blog/2009/04/03/4225371/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。