最近のジャンプ2009年04月14日 00時42分

職場と所沢の労働基準監督署を往復する車の中で『Parade』を3回転くらいさせたんですが、うなぎ上りにテンションが上がっていき、帰社する頃には大変なことに。

もう身体が疼いちゃって疼いちゃって(*゚∀゚)=3ハァハァ。

帰宅するなりたまらずContactツアーのDVDを流して、一踊りしました。
いい汗かいたらさっぱりしました。
で、風呂浴びた後に良く冷やしたビールね。

燃えさかるパトスのやり場を求めてさすらうアラサー戦士、よっしーです。(←なんのこっちゃ)

さて、僕の最近のジャンプの読む順番は、

いぬまるだしっ→べるぜバブ→SKET DANCE→To LOVEる→バクマン。→ジャガー

ってな感じで、後はランダムです。
スルーなマンガも多数。

「いぬまるだしっ」はとりあえず今のジャンプで一番面白いでしょう。
前作「メゾン・ド・ペンギン」も好きだったんですが、今作の方がテンポもセンスもずっと上。
ナイツの漫才が好きな向き(もちろん僕もそう)にはたまらんマンガです。

「べるぜバブ」はやっと読むに値する新連載がきた、という感じ。
不良が活躍する、というマガジンテイストのマンガはジャンプ編集部としてはもしかしたら本意ではないのかもしれませんが、でもやっぱり分かり易くていいですよね。
魔王の赤ちゃんを育てる、という設定もこれからいくらでも膨らませられるので、期待大です。

「SKET DANCE」はこれまでもさんざんプッシュしているのでここでは割愛。

「To LOVEる」は面白いと思うしそこそこ人気もありそうですが、何でこんなに後ろなんだろう。
かつての「ジョジョ」みたいなものなんでしょうか。
(某マンガ雑誌の編集をやっている先輩から聞いた話ですが、「ジョジョ」は後ろから2番目が定位置でしたが、それは人気がないわけではなく、荒木先生はとても原稿が早いので、台割のしやすさからそこを定位置にしていたそうです。「ジョジョ」に掲載順なんて関係ありませんからね)

「バクマン。」を読むと、やっぱりマンガの編集の仕事、やりたかったなあとちょっと悔しい思いがぶり返してきたりします。
最もこれは脚色されているんでしょうが、こんな仕事で飯が食えたらな、と思います。

全部のマンガの話をしていると長くなるので、最後に一つだけ苦言。

最近の「アイシールド21」の展開はないです。
何だかもう世界ビックリ超人の世界になってしまって、興醒めです。
クリスマスボウルに至るまでの物語は本当に面白くて、毎週楽しみにしていたのですが、勝ち続けてしまう今の展開は間違いだと思います。
現に掲載順はじり貧ですし。
王城戦で負けて、対立軸を鮮明にさせた方が物語としても長持ちするし、絶対に面白くなったと思います。