【雑記】ハイレゾについて思うこと2014年11月20日 23時00分

ハイレゾ音源をいくつか聴いてみて感じたことを率直に書いてみます。

チューリップの作品は、元々アナログディスクという「ハイレゾ」な媒体で発表されていました。
ミックスダウンされた音源がそのままプレスされていたわけであり、圧縮という過程は踏んでいません。
(厳密には違うのかもしれませんが、話を簡略化するために言い切ってしまいます)
CD化されるにあたって、やむを得ずデータ容量の圧縮が行われました。
従って、チューリップの音源のハイレゾ化というのは、音が良くなったわけではなくて、「本来の姿に戻った」だけです。
文句なく音が良く感じられるのは当然の話です。
実際、ハイレゾを聴いてからCDを聴くと、ばっさり切られた音の断面が目で見えるような感じすらします。

翻って、みのりんの作品はどうか。
CDで発表されることが前提なわけですから、CD規格に圧縮されたものがマスターです。
圧縮した上で、音楽として、作品として成り立つように制作されたものです。
従って、データ容量の制限から解放されたハイレゾ音源は、別の作品となることを余儀なくされます。

制限がなくなったのをいいことに、できることを全部やったらどうなるか。
音楽が崩壊するだけです。
全ての音の響きを広げられるだけ広げ、定位が強調されたら、あふれ出す音の情報量に脳の処理が追いつかず、音に酔ってしまいます。
CDではみのりんのキレの中にも深みのあるボーカルが堪能できますが、ハイレゾは高音がピーキーで聞きづらいし、他の音の中に埋もれてしまって、数ある音の内の一つになってしまっています。

真綾のハイレゾはそこを心得ていて、バックの楽器は輪郭をはっきりさせる程度にとどめ、ボーカルを豊かに響かせることに専念しています。
制限のない環境を生かして、いかに良い「歌」にするかがきちんと意識されています。

全てのポテンシャルを生かしきる、というのはビジネスマンの仕事の在り方としては正しいと思いますが、こと音楽制作の場には当てはまらないように思います。
何を聴かせたいのかを見失うと、むしろ逆効果になります。

怖ろしいのは、僕が知る限りでは、ランティスがポテンシャルをフルに生かし切るのが良いハイレゾ音源だと考えているように思えることです。

【雑記】マランツ「HD-DAC1」他試聴記2014年11月09日 01時06分

久しぶりに連絡事項以外の日記です。
本日、越谷レイクタウンのノジマの試聴スペースをミスタさんと訪れ、表題の機種他を試聴してきたので、試聴レポです。
ソースは、チューリップのハイレゾ(192/24)と真綾のハイレゾ(96/24)です。

その他の機種は下記の通りです。
アンプ:アキュフェーズE-470
スピーカー:EXCITE X38
ヘッドフォン:ヤマハ HPH-PRO500

音色は、いかにもマランツの音、といった感じです。
過度にエッジが立たず、でも中高音域はクリアで、低音もキレがある。
ボーカルを聴くにはもってこいだと思います。
ヤマハとの相性も非常に良かったです。

一方で、地味に感じるという声があっても不思議ではありません。
パイオニアのU-05はもっとクリアで、中高音のエッジがしっかり立っており、こちらの方が好きという向きも多いと思います。

アンプを通してスピーカーを鳴らしても、基本的な印象は変わりません。
ただ、NA8005と比較すると、パワー不足というか、本来の用途の違いが出ます。
やはり、スピーカーを鳴らすために設計されているNA8005の方が、余裕を持った音の鳴り方がして、聴いていてストレスがありません。

DAC1はあくまでUSB DAC機能のついたヘッドフォンアンプであり、それ以上でも以下でもありません。
FLACには対応していないし、スピーカーを鳴らすにはネットワークプレイヤーと比べて力不足。
従って、ダイレクトにFLACを再生して、かつスピーカーを鳴らしたい私にとっては、非常に良い製品なんですがニーズと合致しないのです。
お値段的にもサイズ的にも非常に魅力的なのですが、購入に到ることはないでしょう。

それよりはNA8005の方が魅力的なのですが、こちらはお値段が。
やはりパイオニアが妥当な選択肢になるのかな、というのが結局の結論のような気がします。
(前世代のNA7004がかなり安値でオクに出ているので心が動いたんですが、FLACが96までなので却下)

ところで、みのりんのハイレゾを初めて聴いたのですが、感想としては「要らないなあ」。
「too late」を主に聴きまして、確かにごちゃごちゃしたバックの音については、整理されて聴きやすくなっています。
問題なのは肝心のボーカルで、人工的に付加された奥行き感が気持ち悪く、聴いていて酔ってきてしまいます。

一時期あちこちでランティスがドヤ顔で紹介していた「スノハレ」も試聴させてもらったのですが、あのボーカルの積み重ね方はあり得ないと思います。
ランティスのセンスと、私の好みは全く相容れません。
良し悪しではなく、相性の問題です。

第1期チューリップのオリジナルアルバムが全てハイレゾで出ているので、導入は喫緊の課題です。
早く置き場問題を解決しないと。

【雑記】オーディオ試聴記2013年02月11日 23時24分

今回は主にアンプの違いを聞き比べてみました。
アンプ
①エソテリック I03
②ソウルノート sa03
③パイオニア A-70
④ラックスマン L-507uX

スピーカー
Ⅰフォステクス GX03MA
Ⅱハーベス 7ES3

CDプレイヤー
マランツ SA-11S3

メインのスピーカーはフォステクスで、最後に好奇心からちょろっとハーベスを鳴らしてみました。(特記のない限り使用スピーカーは全てⅠです)
あまりクセのないスピーカーをチョイスしようというのが一応の意図。
繊細というよりは、どっしりと質実剛健に鳴らすタイプだと思います。
プレイヤーについては、僕が家でSA-13S2を使っているので、あまり変わらないものを使いたいという意味でのチョイスです。
こちらは中高音域がきれいな、繊細なタイプの音質。

主な試聴曲はこちら。
A.坂本真綾「30 minutes night flight」
B.Kalafina「胸の行方」
C.茅原実里「Celestial Diva」
D.山中千尋「Insight Foresight」
この他に興味が湧いた曲をちらほら聴く、という感じでした。

まずは①から。
以前エソテリックについては大阪日本橋の逸品館で聴いたときに好印象を持ったので、期待していたのですが、ちょっとずっこけました。
スピーカーとの相性が悪かったような気がします。
高解像度なアンプにあまり色気のないスピーカーを組み合わせたので、非常に分析的な音で、聴いていてちっとも面白くないのです。
Bを聴いていても、3人のボーカルと伴奏がバラバラになっている感じで、全くピンときません。
Dについても、躍動感がちっとも伝わってこないので、千尋さんの良さが全く伝わりません。
おそらくもっと高音にツヤのあるスピーカーを組み合わせれば面白い鳴り方をしたんだと思います。

首を傾げながら②に移行。
こちらはとにかく空気感命というか、極度に高音の表現が繊細なのが特徴。
一方で、極端に表現を純化してしまうので、感情的なものが一切排除されてしまいます。
なので、Bをソルフェージュ的に聴くのであれば、②は最高。
ただし中音が少し薄いのと、やたらと音が上に伸びるので、僕は違和感を覚えました。
Aは全く面白くありません。
ただし、序奏の部分だけは3D的な鳴り方をするので、ここだけは面白いです。
一方で、Dはトリオが今まさに目の前で演奏しているかのような迫力で、気持ちが良かったです。
前にも思ったことですが、ソウルノートはライブ盤を聴くにはもってこいだと思います。
Cは悲惨。
電波状態の悪いAM放送のエアチェック音源みたいな音でした。
冒頭からホワイトノイズが乗りまくりで、苦笑しか出ません。
また、この曲はどの組み合わせで聴いても音の空間的な厚みが薄いのにもびっくりしました。

③についてはメーカーのスタンスみたいなものが透けて見えました。
この価格帯については、誰が聴いても文句の出ない音で鳴らすことにしているようです。
どの音源も同じような、やや中低音にフォーカスした落ち着きのある音で鳴ります。
録音の良し悪しは関係なく、どの音源も同じような音質に変えてしまいます。
こういう方向性には賛否あるかと思いますが、10万そこそこの価格帯というのは初心者が主な購買層になるのでしょうから、むしろ好まれるのかもしれません。
パイオニアの仕事ですから、音質自体は至って良好です。

大トリは④。
先日ダイナミックオーディオでちらっと試聴したときの印象が非常に良好だったので、最初から本命はこれでした。
まずAは真綾のボーカルに熱い血が通って、ライブを聴くように思わず身体が動いてしまいます。
この曲はブレスが強調された録音になっていますが、前のフレーズからブレスまでのちょっとしたニュアンスが生きていて、その生々しさに息を飲みます。
後奏のエフェクトがかかったコーラスも、ちゃんと繊細な鳴り方がします。
Bも文句なし。
ともすれば無機的に聞こえがちですが、息吹が感じられる素晴らしいボーカルです。
少なくともCDで聴く限り僕はあまりKalafinaの良さを理解出来ないのですが、ただラックスマンのアンプで再生すると、彼女たちの歌の魂をきちんと感じることが出来るのです。
Cはとにかくピアノの鳴り方がハンパでなく豊かで、圧倒されました。
目の前にスタインウェイがあるかのような迫力で、思わず後ずさりたくなるほど。
スピーカーのポテンシャルをめいっぱい引き出している印象でした。
そして、意外にもDがちゃんと鳴るのです。
この曲は自宅のシステムでも、ボカロみたいな薄っぺらいボーカルにしか聞こえないのですが、④で鳴らすと初期の頃のような芯のある強いボーカルに生まれ変わるのです。
ここまで出来るとは正直思っておらず、これには興奮しました。
念のためチャイコフスキー交響曲5番のクライマックスを鳴らしてみたのですが、予想どおり金管がふくよかかつきらびやかで、思わずうっとりしました。

参考までに、④とⅡを組み合わせてAとBを聴いてみました。
若干音のキレは甘くなるのですが、ボーカルが少し丸くなるので、こちらの方が好みという向きも多いかと思います。
僕の好みとは少しずれるのですが。

久しぶりにガチな試聴をしましたが、ものすごく集中するのでかなり疲れました。
疲れるのですが、メーカーの違いがはっきりと分かり、オーディオの面白さを改めて再認識しました。
また、スピーカーやプレイヤーを変えればまた印象が変わってくるのでしょう。

僕の好み及び聴く音楽の傾向からいくと、今30万ぐらいの予算でトランジスタアンプを買おうと思ったらラックスマンが最有力候補です。
欲しいなあ・・・。

【雑記】ヘッドフォンリスニング2012年03月03日 10時48分

たまにはオーディオ的な日記でも。

僕がスピーカー駆動用に使っているアンプ(真空管のセパレートアンプ)にはヘッドフォン端子がなく、CDプレイヤーに直差しするしかない環境だったため、よほどのことがない限りヘッドフォンは使用してきませんでした。
そこに、先日マイミクさんより使用されているヘッドフォンの下取りのお話をもらい、父親が自作した真空管ヘッドフォンアンプを借りる算段もできたので、ここのところ割と熱心にヘッドフォンリスニングをしています。

アンプは電源トランスもシャーシも仮のものらしいのですが、音質的には特に問題を感じません。
父親が完全に定年になって暇を持て余すようになったら、グレードアップしてもらおうかと企んでいますがw。

心臓部である真空管の来歴はこちら。

http://ja.wikipedia.org/wiki/6DJ8

父親曰く、ゴミ捨て場に捨ててあったオシロスコープを拾ってきてばらしたら大量にこの真空管がついていたそうです。
イギリスの老舗真空管メーカーMullard社純正なので(Made in Great Britainと書いてある)、これだけでもかなり価値があると思います。

真空管は原理的にホワイトノイズが発生するデバイスなので、特にヘッドフォンアンプではSN比が問題になるわけですが、SN比に関しては全く問題ないです。
音質は実にストレートで、ミネラルウォーターのような感じです。
父親の作る真空管アンプは音のスピード感が高く、マランツとくっつく前のDENONのトランジスタアンプ(かなり音の重心が低い)なんかよりよっぽどシャープな音がします。

メインで使用しているのは、下取りさせていただいたSENNHEISERのHD580。

同社はみのりんがライブで使っているボーカルマイクのメーカーでもありますw。
モニターヘッドフォンの系列ですがオープンエアなので、あまり音が頭の中に押し込められる感はありません。
(録音によってはかなり真ん中に定位する傾向はあります)

余計な味付けをせず、ソースに入っている全ての音をバランス良く鳴らすという、実に優等生なヘッドフォンです。
その中でも、ボーカルの質感・艶はたまらないものがあります。
真綾やUNISON SQUARE GARDENなんかは実に素晴らしい。
『D-Formation』もスピーカーではあまりピンとこないのですが、こちらで聴くとかなりいい感じです。
特に「嘘ツキParADox」はガツンときます。

アニメをこれで聴くとすごいんですね。
先日『トップをねらえ!』BDのオーディオコメンタリーを聴いていたら、軽くイキましたw。
熟した人妻3人の美声が、脳内に「イ・ナ・ヅ・マ・アターック!」でした。
声優さん好きは優秀なヘッドフォンを導入すべきだと本気で思います。

もう一つは、こちらも以前にとある経緯で同じマイミクさんにいただいたAKGのK271。

こちらはモロにスタジオモニター系のがちがちの音で、しかも密閉型なのでかなり音が押し込められる感覚があります。
歌ものではゼンには適いませんが、KRAFTWERKの「RADIOACTIVITY」やUnderworldの「Beautiful Burnout;」みたいながっちりな打ち込みものにはフィットします。
ピアノトリオなんかもかなり合います。

ちなみに、僕が初めて買ったヘッドフォンはこちらの先代のAD-7というタイプでした。
(みのりんのカウントダウンライブ打ち上げのビンゴ大会の賞品として放出してしまいましたが)

http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-ad700.html

非常にコストパフォーマンスの良いヘッドフォンで、装着感も良いですし、携帯オーディオでも十分に駆動できますし、初めてオーディオ用ヘッドフォンを導入される方にはオススメできます。
ものすごく音の抜けがよく、ヘッドフォンにありがちな「音が頭の中で鳴っている」感覚があまりしないのが利点なのですが、あまりにも抜けが良いので、そこに違和感を感じる方もいると思います。

幸いにもスピーカーをしっかり鳴らせる環境にいるので、基本はスピーカーリスニングですが、深夜などにボーカルでヘブン状態に逝きたい場合は、今のヘッドフォンシステムは実に素敵です。

澪フォン(AKG K701)について2009年10月26日 23時52分

あるマイミクさんが澪フォンことAKGのK701の導入を検討されているとのことだったので、コイツを例にとってヘッドフォンを選ぶ際に気を付けたいことについてちょっと記してみたいと思います。

もちろん僕の私見ですし、基礎的な知識は持っているつもりですが殊更に造詣は深いわけではありませんので、とことんのところは専門誌などを当たっていただければと思いますし、究極的には信じる物は自分の耳しかありませんので、よろしくお願い致します。

http://www.harman-japan.co.jp/product/akg/k701_k601.html

ヘッドフォンには大きく分けてオープンエア型と密閉型の2つがありますが、これは前者。
前者は耳の反対側のいわゆるフタの部分が解放されているので、音のヌケがよいのが特徴です。
みのりんや奈々さんのように伸びの良いボーカルを聴くには、オープンエアの方が合っているような気がします。

なお、オープンエアは盛大に音が外に漏れますので、屋外での使用には全く向きませんので注意が必要です。

一方の密閉型は音が抜けませんので、音楽が耳に押し込まれるような感じがします。
僕はいささか窮屈に感じるのですが、音の密度が高いのは確かです。
テンションの高い打ち込み系の音楽には向いています。

ヘッドフォン選びで忘れてはならないのがつけ心地。
結構長時間つけることになるので、慎重に確認したいところです。
その点こちらはフラッグシップモデルだけあって、十分に配慮されているので問題ないと思います。

後はインピーダンス(=抵抗)。
特に高級ヘッドフォンはそれなりのグレードのヘッドフォンアンプに接続されることを前提とされているので、インピーダンスが高い傾向にあります。
インピーダンスが高いということは、ちゃんと鳴らすにはパワーが必要ということです。
澪フォンは62Ωなので、そんなに高い方ではありませんが、おそらくMP3プレイヤーではまともに鳴らせないと思います。
TVのヘッドフォン端子でもどうだろうなあ、という気がします。
(僕が所有している同じAKGのK271(55Ω)をビエラの端子につないで聴いてみても、ちょっと苦しいです)

個人的には、K701を奢るのであれば、ヘッドフォンアンプにつなぐことをお薦めします。
でないとせっかくの澪フォンが勿体ないと思います。
今は幸い安価かつコンパクトなヘッドフォンアンプが出回っていますので、一緒に検討された方が絶対によいです。

そこまではしたくないということであれば、オーディオテクニカのATH-AD700などお薦めです。
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-ad700.html

実勢価格は1万円そこそこですが、オーディオ専門誌でもCPの高い製品として評価は高いです。
僕は一世代前のAD7を利用していますが、非常に気に入っており、ヘッドフォンリスニングをする際には通常はこちらを使います。
ビエラ直つなぎでもそれなりにちゃんと鳴ります。

ヘッドフォンは値段も手頃で試聴もしやすい(量販店でも手持ちのMP3プレイヤーと接続して試聴させてくれます)ので、冷やかし半分にいろいろ試されると面白いと思います。