【チューリップ】4oth Memorial Tour "The Live"@仙台・盛岡2013年05月19日 22時56分

僕にとって
・アーティストはモニタースピーカーの音を聴いて演奏する
・MCは一言二言
・歌いながら水なんか飲まない
・ギターやベースにはケーブルが繋がっている
というのがライブのスタンダードな姿だったので、近年になって声優さんのライブに参加するようになって上記の事柄全てが当てはまらないので、へえと思ったものです。
上の3つはともかくとして、何で今はみんなワイヤレスなんでしょうね。
ギターやベースが舞台上を動き回って、ケーブルが絡まりそうになったら舞台袖からローディーが飛んできて素早く捌く、という光景に萌えるのですが、声優さんのライブでは各楽器に一人ずつローディーがついたりはしないんでしょうか。

東北に来た、といったところで何が変わるわけでもなく、ライブの中身はいつも通りだったのですが、僕が見てきた中では仙台が一番メンバーのテンションが高く、熱い公演だったように思います。
特に「Shooting star」での盛り上がり方が、それ以前の公演とは違っていました。
圧倒的に美しいコーラスが安部さんの詩情たっぷりのギターと共に熱を帯びて殊更に輝いており、思わず涙ぐんでしまいました。
メンバーも感極まっていたようで、次の「心の旅」では姫野さんが珍しく涙を堪えながら歌っていました。

メンバーを後押ししたのが客席の盛り上がり。
どこの会場よりも盛り上がっており、黄色い歓声も多かったです。
それに応えてか、今年に入ってからアンコール2曲目が「私のアイドル」から「あの娘は魔法使い」に変わっていたのを、元に戻して歌われました。
後者の方がキーが低いので、安全を見て今年からそちらにしたのでは、と勝手に思っているのですが、盛り上がりはやはり前者の方が上。
イントロが始まった途端に会場のボルテージが爆発して、大盛り上がりとなりました。
盛岡でもこれは変わりませんでした。

演奏しているのは一人を除いて60代だし、客席も大半が40代以上なわけですが、僕が出入りしているライブの中で一番熱いのがチューリップのライブだと思います。
ファンのアーティストや楽曲に対する「好き」の度合いが比較にならないほど深いのですから、ある意味当然と言えるかもしれません。

メンバーも全然老け込んではいません。
何より演奏する姿がカッコいいのです。
安部さんの音の最後に左手を素早くネックの上を滑らす仕種や、上田さんの右手でスティックを回す仕種など、他の現場のアーティストが敵うべくもありません。

今では縁あっていろいろなアーティストのライブに参加していますが、一番好きなアーティストはやはりチューリップで、これは揺るぎません。

コメント

_ BHW ― 2017年04月15日 02時03分

What's up, yes this paragraph is in fact good and I have learned lot of
things from it regarding blogging. thanks.

_ manicure ― 2017年05月03日 19時23分

Hi, Neat post. There is a problem together with your website in web explorer, could
test this? IE still is the market leader and a large part of other people
will leave out your great writing due to this problem.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://reallifecreation.asablo.jp/blog/2013/05/19/6815702/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ ログハウス - 2013年05月21日 09時58分

金曜夜、チューリップの仙台ライブに行って来ました。
もう懐かしくて懐かしくて~大興奮でした。
チューリップは今年6月でデビュー40周年だそうです。NSPとデビューが同時期だったんですね~。
兄がビー...