【宝塚】宙組公演「風と共に去りぬ」(キャスト:Bパターン)2013年12月04日 22時04分

ポスターを見たときからりか(鳳稀かなめ)のバトラーには期待できると思っていたのですが、果たして期待以上でした。
メイクや髭などディテールまでこだわった見た目は全くの文句なし。
苦み走った表情なども、今までのりかにはない一面でした。
お芝居の面でも、他の役にはないむき出しの男の色気、何のけれんもなく嫉妬をあらわにする弱さ、風前の灯火の南部のために立ち上がる強さ、その全てが全身からあふれていて、「りかのバトラー」が出来上がっていました。

一方のかい(七海ひろき)のスカーレットは、見た目は気の強い、僕がイメージするスカーレットなのですが、お芝居の面では少し違和感を感じました。
何というか、少し頭の軽い、ギャルっぽいスカーレットで、往年の一路真輝の情熱的なスカーレットが今でも印象に残っている身としては、はてスカーレットはこんなだっただろうか、と正直思いました。
ただ、見ているうちにこういうアプローチもありかもしれないな、と思うようになったので、個人的には嫌いではありません。
ただ好き嫌いは別れるかもしれないなあ、という印象。

僕はアシュレが嫌いなんですが、まーくん(朝夏まなと)のアシュレはちょっと女々しいけどギリ許せるレベルでした。
お坊っちゃん然とした風貌は完璧なので、もうちょっと不甲斐なさがあっても良かったような気がします。
今公演がサヨナラになるともちん(悠未ひろ)はルネ役ということで、そんなに大きな出番があるわけではないのでAパターンでのアシュレに期待したいところ。

個人的にすごいと思ったのがきたろう(緒月遠麻)のベル・ワトリング。
得も言われぬ色気があって、登場するだけで視線を奪われます。
雪組時代に演じたティボルトもそうでしたが、きたろうは正統派二枚目というわけではないけれども匂い立つような色気があり、しかも存在感のあるお芝居をするので、いつも自然と注目をすることになります。

娘役では、やはりみりおん(実咲凛音)のメラニーが素晴らしかったです。
優しいけれども芯が強く、聖母のごとき女性ですが、まさにそんな理想の女性像を見事に演じていました。

高校生のときに見た折には「しんどい話だなあ」という身も蓋もない感想しかなかったんですが、大人になってみると共感するところが多く、人気の演目であることも頷けます。
まーくんのスカーレットがどんな感じなのか、次回観劇は楽日直前なのですが、今から楽しみです。

【宝塚】雪組大劇場公演「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」2013年12月13日 21時50分

お芝居については、個人的にはこういうちょっとほろ苦いテイストのラブコメディは好きなんですが、この手の作品を宝塚の文法に当てはめようとするとなかなか難しいな、というのが正直な感想です。

一番の儲け役だったのはドニー役のともみん(夢乃聖夏)。
あのカクカク・クネクネは相当練習したものだと思うし、とにかく一挙手一投足がおかしくて仕方がなかったです。
ともみんというとマッシブというイメージがありますが、こんなコメディセンスがあるとは本当に驚きで、間違いなくこの公演のMVPです。
若手ではレオン役のさき(彩風咲奈)が良かったです。

娘役では、やはりコメディパートを担ったバーバラ役のせしこ(大湖せしる)が一番目立っていたでしょうか。
ものすごい美人だけど、元男役だけあってスケールが大きいので、華があってぱっと目を引きますね。

えりたんが平凡なサラリーマンなんて絶対無理だろ、と思っていたのですが、意外にも結構冴えない感じだったので、そこはさすがです。
褒めたことにならないかもしれませんが、あゆっちの普通の主婦というのは実にしっくりきます。

ちぎのエラについては、今ひとつキャラが立っていなかったような気がします。
ちぎが下手ということではなく、エラ自体を上手くお芝居の中で使えていなかったような印象が強いです。
ここがラブロマンスでないお話の難しいところで、ロマンスならヘイリーとの甘いエピソードを入れればそれだけで様になるわけですが、このお話ではそうはいかない。
競技会に向けて練習する中で、エラが前を向くきっかけとなるヘイリーとのエピソードが何か一つあれば、すとんと落ち着いたと思うのですが、特にそうしたものが無くするすると終わってしまったので、エラがあまり印象に残らなかったのだと思います。

大劇場ではなくてバウとかドラマシティだったらしっくりいったんじゃないかな、と思ったりもします。

ショーは非常ににぎやかで、そのタイトル通り祝祭色満点。
ただ、良くも悪くもワーッと盛り上がって通り過ぎていってしまうような印象が拭えません。
これという脳裏に残るシーンがなかった、というのも事実です。
客席降りも2回あるし、あれだけ盛り上がれば十分だろう、と言われそうだし、確かにそうかもしれないんですが、ショーでは1回くらいはうっとりしてしまうような場面が欲しいと思うのです。
贅沢というか言いがかりに近いかもしれませんが、大介先生なら甘すぎるくらいに甘い場面を書いてくれるはずなので、つい残念に感じてしまいます。

あくまで初見での感想なので、もう一回東宝で見ると違った見方になるかもしれません。

【クラシック】都響スペシャル「第九」@東京文化会館2013年12月26日 22時59分

ベートーヴェン:「エグモント」序曲
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」

指揮:エリアフ・インバル
管弦楽:東京都交響楽団
ソプラノ:澤畑恵美 メゾソプラノ:竹本節子
テノール:福井敬  バリトン:藤本淳也
合唱:二期会合唱団

「エグモント」の冒頭の和音だけで、凡百の演奏との違いを見せつけます。
彫りが深く、豊かな深い響きに魅了されます。
毅然としたテンポで高らかに歌い上げる凱歌には胸躍りました。

そして本題の第九。
インバルの演奏は情と理性の絶妙のバランスにあると思いますが、それが第九でも遺憾なく発揮されていました。
ただ、ベートーヴェンの音楽はそもそもが感情的というか激情的であり、フルトヴェングラーのような情一辺倒の演奏の方がより直接的に心を揺さぶることは間違いありません。
フルトヴェングラーのベートーヴェンを至高のものと考える僕にとって、完全にお腹一杯になったかといえば必ずしもそうではありません。
しかし、音楽的な充実度では比類無いものがあったと思います。

冒頭の空虚5度の背後のセカンドバイオリンはきっちりと音符通りに音を刻みます。
テンポはかなり速め。
緊迫感に満ちた展開で、展開部冒頭も力むようなことはなくサスペンスに満ちた響きで聴く者を引き込みます。
決して神経質にならないのは、内声部がしっかり響いているおかげだと思います。

そんな展開では、第2楽章が素晴らしいのは自明の理。
弦、木管、ティンパニが三位一体となり、高い緊張感を維持したまま一気に駆け抜けていきました。

第3楽章は一転して柔らかい響き。
しかし変に情緒的にはならず、美しい旋律を丁寧に紡いでいく感じでした。
この楽章は世にも稀なる美しい音楽だと思いますが、小林研一郎くらいまで粘っこくなると演歌みたいになってしまい、聴いていて眠くなってしまいますが、さすがにインバルは音楽の美しさを十二分に引き出します。
僕が実演で聴いた中では最も美しい第3楽章でした。

フィナーレは再びキリッと締まった音楽に戻りました。
過度な表情付けはありませんが、苦悩から歓喜へと階段を上り、ついに歓喜の旋律を爆発させるまでの道程はさすがの迫力でした。
合唱にも人工的な強弱はつけず、かなり力強く歌わせていました。
二期会合唱団はさすがに上手く、学生などとは安定感が違います。
これみよがしな表現はなくとも十分にテンションは膨張していき、コーダへ。
かなり速いテンポでしたが都響は全く破綻することなく全ての音符を音にして、圧倒的な音のドラマをフィニッシュさせました。

冒頭にも書いた通り、聴きながら身体が熱くなるようなことはありませんでしたが、非常に音楽的に充実しており、大いに満たされました。
あとは席が10列目とかなり前方で、前から来る音しか聞こえなかったので、ホールの響きも捉えられる位置だったらあるいはもう少し評価が変わったかもしれません。

いずれにせよ、世界最高峰のベートーヴェンを心ゆくまで堪能でき、素晴らしい一夜となりました。

【雑記】2013年舞台・ライブ参加記録2013年12月30日 23時48分

01 01/01 GRANRODEO 2012-2013 COUNTDOWN ゆく牛くる牛 (舞浜アンフィシアター)
02 01/06 坂本真綾 ダディ・ロング・レッグズ (シアタークリエ)
03 01/08 坂本真綾 ダディ・ロング・レッグズ (シアタークリエ)
04 01/19 インバル=都響 マーラーツィクルス Vol.Ⅴ (みなとみらいホール)
05 01/26AM 宝塚歌劇月組 ベルサイユのばら・オスカルとアンドレ編 (宝塚大劇場)
06 01/26PM 宝塚歌劇月組 ベルサイユのばら・オスカルとアンドレ編 (宝塚大劇場)
07 01/27AM 宝塚歌劇月組 ベルサイユのばら・オスカルとアンドレ編 (宝塚大劇場)
08 01/27PM 宝塚歌劇月組 ベルサイユのばら・オスカルとアンドレ編 (宝塚大劇場)
09 02/03 GRANRODEO CRACK STAR TOURS (Zepp Tokyo)
10 02/11 山中千尋他 群響スペシャルガラコンサート~ミューズたちの華麗なる饗宴~ (ベイシア文化ホール)
11 02/17 茅原実里 m.s.s Premium Acoustic Live featuring Crustacea (渋谷公会堂)
12 02/24 山中千尋トリオ ツアー2013 (水戸B2)
13 02/25 山中千尋トリオ (ビルボードライブ東京)
14 02/26 宝塚歌劇月組 ベルサイユのばら・オスカルとアンドレ編 (東京宝塚劇場)
15 03/10昼 小林研一郎指揮日フィル (東京芸術劇場)
16 03/10夜 山中千尋トリオ ツアー2013 (神奈川県民ホール小ホール)
17 03/16 財津和夫 Live&Talk (町田市民会館)
18 03/17 宝塚歌劇月組 ベルサイユのばら・オスカルとアンドレ編 (東京宝塚劇場)
19 03/30 坂本真綾 LIVE TOUR 2013「Roots of SSW」(グランキューブ大阪)
20 03/31 坂本真綾 LIVE TOUR 2013「Roots of SSW」(グランキューブ大阪)
21 04/10 UNISON SQUARE GARDEN “CIDER ROAD”TOUR 2013(NHKホール)
22 04/20 坂本真綾 LIVE TOUR 2013「Roots of SSW」(愛知県芸術劇場)
23 04/21 GRANRODEO G8 ROCK☆SHOW-FLASH NIGHT (横浜アリーナ)
24 04/24 坂本真綾 LIVE TOUR 2013「Roots of SSW」(オーチャードホール)
25 04/25 坂本真綾 LIVE TOUR 2013「Roots of SSW」(オーチャードホール)
26 04/29 チューリップ THE LIVE “40th memorial tour”(東京国際フォーラム)
27 05/09 都響第752回定期演奏会Aシリーズ(東京文化会館)
28 05/11 チューリップ THE LIVE “40th memorial tour”(静岡市民文化会館)
29 05/17 チューリップ THE LIVE “40th memorial tour”(仙台サンプラザホール)
30 05/18 チューリップ THE LIVE “40th memorial tour”(東京国際フォーラム)
31 05/25AM 宝塚歌劇雪組 ベルサイユのばら・フェルゼン編(宝塚大劇場)
32 05/25PM チューリップ THE LIVE “40th memorial tour”(堺市民会館)
33 05/26 佐渡裕&シエナ・ウインドオーケストラ(森のホール21)
34 06/02 宝塚歌劇宙組 モンテ・クリスト伯/Amour de 99!!(東京宝塚劇場)
35 06/08 チューリップ THE LIVE “40th memorial tour”(大宮ソニックシティ)
36 06/15 茅原実里&別所哲也 わたしの頭の中の消しゴム(天王洲銀河劇場)
37 06/16AM 宝塚歌劇花組 戦国BASARA(シアターオーブ)
38 06/16PM 茅原実里&別所哲也 わたしの頭の中の消しゴム(天王洲銀河劇場)
39 06/22 チューリップ THE LIVE “40th memorial tour”(札幌ニトリ文化ホール)
40 06/29 文の京スペシャルコンサート 小林研一郎&N響(文京シビックホール)
41 06/30 宝塚歌劇花組 戦国BASARA(シアターオーブ)
42 07/07 宝塚歌劇雪組 ベルサイユのばら・フェルゼン編(東京宝塚劇場)
43 07/20 グランロデオ LIVE2013 ヤッホー ワンダホー FUJIYAMA
     (富士急ハイランド・コニファーフォレスト)
44 07/27 宝塚歌劇星組 ロミオとジュリエット(東京宝塚劇場)
45 08/01 宝塚歌劇星組 ロミオとジュリエット(東京宝塚劇場)
46 08/03 茅原実里 SUMMER DREAM(河口湖ステラシアター)
47 08/10 宝塚歌劇星組 ロミオとジュリエット(東京宝塚劇場)
48 08/31 宝塚歌劇月組 「ルパン/Fantastic Energy」(東京宝塚劇場)
49 09/14 坂本真綾 IDS!10th Anniversary EVENT2013(仙台市民会館小ホール)
50 09/16 宝塚歌劇月組 「ルパン/Fantastic Energy」(東京宝塚劇場)
51 09/20 山中千尋 ニューヨークトリオ・全国ホールツアー(紀尾井ホール)
52 09/21AM 宝塚歌劇花組 アンドレア・シェニエ/Mr. Swing(宝塚大劇場)
53 09/21PM 坂本真綾 IDS!10th Anniversary EVENT2013(Zepp Namba)
54 09/22 坂本真綾 IDS!10th Anniversary EVENT2013(Zepp Fukuoka)
55 09/23 山中千尋 ニューヨークトリオ・全国ホールツアー(大和田さくらホール)
56 09/28昼 坂本真綾 IDS!10th Anniversary EVENT2013(Zepp Nagoya)
57 09/28夜 坂本真綾 IDS!10th Anniversary EVENT2013(Zepp Nagoya)
58 10/05 宝塚星組特別公演「REON!!Ⅱ」(東京国際フォーラムCホール)
59 10/06昼 宝塚歌劇月組 「ルパン/Fantastic Energy」(東京宝塚劇場)
60 10/05夜 宝塚星組特別公演「REON!!Ⅱ」(東京国際フォーラムCホール)
61 10/16 宝塚歌劇花組 「アンドレア・シェニエ/Mr. Swing」(東京宝塚劇場)
62 10/19 財津和夫 LIVE & TALK(相模原女子大学グリーンホール)
63 10/20 坂本真綾 IDS!10th Anniversary EVENT2013追加公演(日比谷野外大音楽堂)
64 10/26 宝塚歌劇花組 「アンドレア・シェニエ/Mr. Swing」(東京宝塚劇場)
65 11/02 インバル&都響 マーラーツィクルス・交響曲第6番(みなとみらいホール)
66 11/06 宝塚歌劇花組 「アンドレア・シェニエ/Mr. Swing」(東京宝塚劇場)
67 11/08 インバル&都響 マーラーツィクルス・交響曲第7番(みなとみらいホール)
68 11/16 宝塚歌劇月組全国ツアー「仁/Fantastic Energy」(相模原女子大学グリーンホール)
69 11/30 宝塚歌劇宙組 「風と共に去りぬ」(東京宝塚劇場)
70 12/08 宝塚歌劇雪組 「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」(宝塚大劇場)
71 12/14 平野綾 Special LIVE 2013 -Promise-(赤坂Blitz)
72 12/22 宝塚歌劇宙組 「風と共に去りぬ」(東京宝塚劇場)
73 12/23 茅原実里 Minori Chihara Xmas Party 2013 (国技館)
74 12/24 都響スペシャル「第九」(東京文化会館)
75 12/28 山中千尋Trio 2013 winter(東京TUC)

宝塚:27 坂本真綾:13 チューリップ(財津和夫):9 クラシック:8 山中千尋:7
茅原実里:5 GRANRODEO:4 その他:2

2012年が92公演だったので、数だけで言えば激減したと言っても良いでしょう。
それでも十分中身は濃かったと思います。

今年は宝塚の年だったといえるでしょう。
新年早々の「ベルばら」に始まり、「ロミジュリ」「BASARA」「風と共に去りぬ」など素晴らしい演目が目白押しで、萌えが収まるヒマがありませんでした。
100周年を目前にして本気をぶっ込んできた劇団にただでさえ踊らされていたのに、ダニーちゃんというヅカ友ができたのも嬉しい誤算でした。
宝塚を観た後はどうしても胸に滾る萌えについて熱く語りたくなるので、その相手がいるというのは実に楽しいことなのです。
ご贔屓のみりおの花組時期トップ就任がアナウンスされ、若手の贔屓の主演公演も続々告知されている今、来年はより大変なことになるのは火を見るよりも明らかです。

歌に関しては真綾とチューリップに尽きる年でした。
真綾は全曲作詞・作曲のアルバムをひっさげてのツアーということでどうなるのか楽しみでしたが、まさに彼女にしか表現し得ない世界に魅了されました。
じっくりと今真綾が歌いたい歌を聴かせるライブで、心の底から真綾に酔うひとときでした。
「ダディ・ロングレッグズ」の再演には初演に引き続きがっつり泣きました。
何度見ても幸せな気持ちにしてくれる、素敵なお芝居です。
肩を抜いた歌が聴けるFCツアーも楽しかったです。
土砂降りの日比谷野音も忘れられない経験になりました。

チューリップは貫禄の名演続きでした。
財津さんたちメンバーがすごく楽しそうで、また財津さんの声もむしろ若返ったようで、とにかく心の底から歌を楽しめるステージでした。
チューリップが見納めなのは淋しい限りですが、財津さんのソロの方がまた新しい展開になったので、楽しみを失わずに2014年も過ごせそうです。

クラシック・ジャズに関しても実りの多い年でした。
インバル&都響のマーラーツィクルスは、東京にいながらにして世界最高水準のマーラーを聴くことができる絶好の機会で、どの公演も貴重な耳の宝になっています。

山中千尋トリオは、ホールとジャズクラブが半々くらいでしたが、やはりジャズはクラブで聴くものだと思いました。
居住まいを正してかっちり演奏されるホールも良いのですが、やはりライブ感ではクラブには敵いません。
酒を飲みながら良い気分で熱い音楽を聴く楽しみは何物にも代えられないというのも大きいです。

一つ一つの想い出を掘り起こしたら際限がないので、ぎゅっとまとめてしまい割愛した内容も多いですが、本当に今年も実りの多い年でした。
2014年も新たな世界が拓けるような出逢いがあることを願って止みません。