【雑記】ハイレゾについて思うこと2014年11月20日 23時00分

ハイレゾ音源をいくつか聴いてみて感じたことを率直に書いてみます。

チューリップの作品は、元々アナログディスクという「ハイレゾ」な媒体で発表されていました。
ミックスダウンされた音源がそのままプレスされていたわけであり、圧縮という過程は踏んでいません。
(厳密には違うのかもしれませんが、話を簡略化するために言い切ってしまいます)
CD化されるにあたって、やむを得ずデータ容量の圧縮が行われました。
従って、チューリップの音源のハイレゾ化というのは、音が良くなったわけではなくて、「本来の姿に戻った」だけです。
文句なく音が良く感じられるのは当然の話です。
実際、ハイレゾを聴いてからCDを聴くと、ばっさり切られた音の断面が目で見えるような感じすらします。

翻って、みのりんの作品はどうか。
CDで発表されることが前提なわけですから、CD規格に圧縮されたものがマスターです。
圧縮した上で、音楽として、作品として成り立つように制作されたものです。
従って、データ容量の制限から解放されたハイレゾ音源は、別の作品となることを余儀なくされます。

制限がなくなったのをいいことに、できることを全部やったらどうなるか。
音楽が崩壊するだけです。
全ての音の響きを広げられるだけ広げ、定位が強調されたら、あふれ出す音の情報量に脳の処理が追いつかず、音に酔ってしまいます。
CDではみのりんのキレの中にも深みのあるボーカルが堪能できますが、ハイレゾは高音がピーキーで聞きづらいし、他の音の中に埋もれてしまって、数ある音の内の一つになってしまっています。

真綾のハイレゾはそこを心得ていて、バックの楽器は輪郭をはっきりさせる程度にとどめ、ボーカルを豊かに響かせることに専念しています。
制限のない環境を生かして、いかに良い「歌」にするかがきちんと意識されています。

全てのポテンシャルを生かしきる、というのはビジネスマンの仕事の在り方としては正しいと思いますが、こと音楽制作の場には当てはまらないように思います。
何を聴かせたいのかを見失うと、むしろ逆効果になります。

怖ろしいのは、僕が知る限りでは、ランティスがポテンシャルをフルに生かし切るのが良いハイレゾ音源だと考えているように思えることです。