【宝塚】月組東京特別公演「春の雪2012年11月03日 11時32分

原作は三島由紀夫の同名作品。
僕は三島は読まず嫌いをしているので、もちろんこの作品も読んだことはないのですが、作品自体も良くできていましたし、出演者たちの人物造形も大変素晴らしかったです。

明日海りお(みりお)が演じる松枝清顕は、漱石の後期の小説に出てくるような、近代的自我が極度に肥大した、自らが傷つくことを過度に恐れる高慢で脆い青年。
みりおは(僕の感覚では)神経質な芝居が得意なので、たとえばロミオのような屈託のない青年よりは、こういう屈託で出来ているような役柄の方が向いていると思います。
実際、清顕を見ているとだんだん嫌な気分になっていきました。
(いや、学習院の制服姿のみりおには、全力全壊で萌えていたのですが)
聡子への手紙での復讐のくだりや、聡子の洞院宮との縁談を素知らぬ顔でやり過ごすくだりなどは、暗い葛藤が手に取るように分かり、見応えがありました。

ラブシーンも背徳の罪を孕んだもので、華やかさやときめきのようなものはまるでないのですが、得も言われぬ湿度のようなものを見事に表現していました。
清顕が己の闇から破滅へと向かっていく様に、否応なしに引き込まれました。

聡子役の咲妃みゆは、まだ野暮ったいところがあるものの、清顕の闇も罪もすべて引き受ける強さと、その裏にある諦念を見事に演じきっていました。
老練な女中蓼科を演じた専科の美穂圭子さんは言うまでもなく、その他の脇を固める若手たちも、非常に素晴らしい演技でした。
殊に、清顕の父松枝侯爵を演じた輝月ゆうまは、まだ研4だというのに非常にスケールの大きな演技で、将来性を大いに感じさせました。
(177cmということで、本当に大きくもあったわけですが)

脚本・演出の生田先生は30代前半の新進の演出家ですが、独特の世界を巧みに視覚化していました。
清顕が見る幻想的な悪夢などは、かなり実験的なテイストが盛り込まれていながらも変に奇を衒ったような厭味はなく、鳥肌が立ちました。

徹夜明けだったので、起きていられるか心配だったのですが、それどころか瞬きももどかしいくらいに見入ってしまいました。
あんなに集中して宝塚の舞台を見たのは久しぶりです。
長年宝塚を見続けてきましたが、指折りの出色の舞台だったと思います。

宝塚というと派手な衣装と照明のきらびやかな世界というイメージだと思いますが、決してそれだけではないということを改めて示した舞台でした。

【みのりん】MINORI CHIHARA BIRTHDAY LIVE 2012@さいたまスーパーアリーナ2012年11月25日 00時48分

ここのところ朝イチに物販に並ぶということはしてきませんでしたが、節目のイベントなので、何というか「けじめを付ける」というような気持ちがあり、マイミクの皆さんと一緒に0630より並びました。

物販列は、僕の感覚では長くもなく短くもなく、午前中のうちに買うことができたので、まずまずの捗りだったのではないでしょうか。
さいたまゆえ日陰では風が吹くと寒い陽気でしたが、おしゃべりしたり写真撮ったりしてると時間が経つのは割と早かったです。

せっかくみんなで並ぶのに手ぶらなのも淋しいので、久しぶりにガトーショコラを作って持参。
みのクラの皆さんにお菓子作るのって、これが初めてだったでしょうか。
本当はシュークリームでも作ろうかとも思ってたんですが、前日が社員旅行ということもあり、さすがにきついと思って自重しました。
ガトーショコラならもう何遍も作っているので、何も考えずに作っても美味しくできるので。

物販終了後はいつもの焼き肉屋で昼飯。
あそこはアニサマみたいなイベントがあるときでも空いているので、重宝します。
人には教えたくない穴場ですね。

飯を食ったりまんぬと戯れたりしていると、プロデューサー(not滋)のコスをしたマイミクTさんが合流。
いいねいいね、こういうときのための45mm-F1.8だよ、とか思いながら、ばっちりカメラに納めました。

そうこうしているうちに開演時間が迫り、会場へ。
以下は起こったこと・思ったことを箇条書きに。

・席が通路に面していたので、やりたい放題。久しぶりに飛びまくったので後日ふくらはぎが歩行困難なまでの筋肉痛に。
・期待値が低かったとはいえ、割とまともな音がしてました。特に、箱鳴りしていたんだとは思いますが、ベースがちゃんと聞こえたのはありがたかったです。
(普段は全くと言っていいほど聞こえないので)
・セトリはかなり昔の曲が入っており、古参ファンには美味しい内容でした。もちろん聴きたかった曲はありますが、十分満足しました。
・セトリで個人的にグッと来たのは「サクラピアス」。とある企画のために、この歌をライトモチーフにした小説を書いたばかりだったので、一人じーんと来ながら聴いていました。
・インストも明るい感じで、非常に印象的でした。またじっくり聴きたいものです。
・「魔女っ子メグちゃん」(PV付き)には驚くと同時に、もちろん振りコピ。もしかしたら賛否あるのかもしれませんが、僕はあの髪型のみのりんも好きです。
・ケニー・ガンちゃん・大ちゃん登場には死ぬほど歓喜。「ラシュマ」でのケニーのコーラス、「フリドリ」での「ひとりぼっちだと感じた」の直後のクラッシュ2発、ともにこうでなくては!という感じで、泣きそうになりました。
(特に後者が響いたときには、連番のNさん・Aさんと顔を見合わせてガッツポーズでした)
・それにしても4時間オーバーという時間は予想外。ダブアンのコールのときに出入り口までダッシュして、打ち上げの予約をしていた店に電話をしてまたダッシュで戻るという羽目に。遠征する人もいるだろうし、ここまで長時間やるのならばそれとなく匂わすぐらいのことはしておいた方が良いんじゃないか、とちらっと思いました。

打ち上げのノリはいつもの通り。
最後の最後には噂の痛車も登場し、みのクラの集まりは相変わらず弾けて楽しいなあと実感した次第でした。

2月にFCライブの告知もされ、次のエサもぶら下げられたことで、また少し寿命が延びた心地です。
前回のアコースティックライブは正直いろいろな面で残念な感が否めませんでしたが、今回こそ生の音をバックにしっとりと歌い込むみのりんの姿を見たいものです。

【坂本真綾】LIVE 2012 TOUR “ミツバチ”@新潟テルサ2012年11月27日 00時03分

ライブの感想を一言でまとめると、真綾のライブは他の人のそれとは全くの別物だな、ということ。
他の誰かと比べるのは、Iさんの言葉を借りれば「うどんとそば、どっちがおいしい?」と言うくらい意味のないことだと思います。
以下、感じたことを気が向くままに。

2列目センターのちょい上手寄りでした。
人妻の全てが見えてしまいます。

まず最初に思ったのが「こいつ生足だ!」
しかもスニーカー履きでショートソックスなので、すね・ふくらはぎ・ひざまで全部丸出し。
無茶しやがる、と思いながら、よく言えば健康的なおみ足をもちろんガン見です。

そして、改めて真綾は肌がきれいだなあと思いました。
自信があるから肩を出す衣装をしょっちゅう着てるんだと思うんですが、メイクも舞台用のがっちりしたものではなく、ちょっとしたお出かけメイクくらいな感じなんですが、全然アラが見えません。
たいしたもんだと思います。

終盤のクライマックスでは、さすがの真綾もかなりな熱唱になるんですが、少しずつ真綾が汗ばんでくるのが分かるんですね。
いろいろな意味で「うはあ」と思って見ておりました。

そしてやっぱりちゃんと指輪をしている辺り、ぶれません。

バンマス・ギターの北川さんがどうもおとなしいと思っていたら、まさかのぎっくり腰。
座れないので新潟までの新幹線ではずっと立っていたのだとか。
それでも、終盤のクライマックスではがんがん弾いていたのですが、終わって落ち着いた曲になったとたんに、力尽きたようで立っているのもやっとと言った感じに。
アンコールでは、内田裕也みたいな杖をついて出てくる羽目になっていました。
(真綾がそれを見て盛んに「ロックンロールだねー」とか言っていたのが総スルーされていて、おかしかったです)

真綾も自分がぎっくり腰をやったときのことを話し出し、これは前にも聞いたな、と思っていたら、それが何と結婚式の5日前のことだったのだとか。
これは初耳でした。
「お辞儀できない新婦」とか言って、会場は大受けでした。

バンドメンバーで言うと、やはり佐野さん。
変態ドラマーがよく見える位置なので、真綾と佐野さんで忙しく視線のスイッチングを行っていたのですが、いつも以上に厄介だったような気がします。
アップテンポの曲では、激しく歌う真綾の後ろで、真顔で荒ぶる佐野さん。
内心「康夫それは叩きすぎだろう」と思いながら、めちゃめちゃ興奮しました。

真綾に話を戻すと、初めての新潟でのライブということで、ちょっと普段よりテンションが高いような気がしました。
いつも以上にぴょんぴょん跳ねていましたし、歌にも力がこもっていたように思います。

真綾は会場をその歌の世界で染め上げます。
ただ盛り上がる、しっとりするということではなく、会場の空気の色・温度が一曲一曲変わります。
聞き手はそれについていかなければいけないので、精神的にかなり消耗します。
とある曲で、真綾はにこにこ笑いながら気楽そうに歌っているのに、その歌声はどこまでも広がり、会場全体がふくらんでいくような錯覚に囚われました。
感動と言うより、それはむしろ怖いような感覚です。

表情がよく見えたので、顔の表情だけではなく瞳の表情が変わるのもよく分かりました。
指先も本当に表情が豊か。
歌いながら全身で表現しているのです。

ライティングや舞台演出も、真綾の世界観をよく把握していて、効果的に盛り上げます。
今回のツアーは、背中が寒くなるような瞬間が何度か訪れます。

真綾のライブのあとは、テンションが上がる一方で、「はあ・・・」という感じで疲れてぐったりもしてしまいます。
そして、あいつは何なんだろう、という気持ちになります。
今回のツアーはあと4回。
どこまで行ってくれるのか、楽しみで仕方ありません。