【雑記】煙草2012年09月03日 23時42分

僕自身は煙草は大嫌いだが、喫煙自体は否定しない。
そもそも両親が喫煙者なので否定しようもないのだが、マナーを守って格好良く吸ってくれれば、むしろ好ましいとも思う。
特にハンサムな女性が何か考え事をしながら、あるいは書き物などをしながら紫煙をくゆらす姿にはかなりグッとくるものがある。
(逆に、キャバクラとかで小娘が口先で煙をふかしているのは実にださい)

煙草が健康に悪いのは間違いのないところだろうが、喫煙歴40年以上の親父が、心臓手術の前に肺の精密検査をしたところ、肺の中は至ってきれいで、酸素を取り込む能力にも全く問題がなかったそうだ。
よって、医師から禁煙を強いられることもなく、相変わらず吸っている。
そう言って済ませてしまったら何事も一巻の終わりなのだろうが、人それぞれなのだろう。

煙草の臭いは日常的なものなので、普段はあまり気にならないのだが、鈍感になっているかというとそうでもない。
ほんの数秒でも自分の部屋に煙草が持ち込まれれば、あとですぐに気づく。
以前僕が出掛けている間に、親父が煙草を持ったまま僕の部屋をベランダまで横切る、ということがあった。
親父が部屋にいたのはものの2秒程度だったと思うが、部屋に染みついた煙草の臭いに大変不愉快になり、仮に一瞬でも煙草を持って自室に入らないようにきつく言い聞かせた。
本来するべきではないところで煙草の臭いがするとすぐ分かる。

前述の通り女性の喫煙も全く否定はしないが、ただ喫煙者とするキスは今ひとついただけない。

【雑記】ダイエット2012年09月04日 23時52分

痩せる、という字はご存知の通りやまいだれの漢字なわけで、生命の本来の営みに逆行する状態なわけです。
従って、それ相応の苦痛と努力が必要なわけで、「楽に痩せる」だとか「○○するだけで痩せる」なんてのは嘘っぱちです。
少なくとも僕は自分の経験と照らし合わせてそう思っています。

僕は高校1年まで肥えていました。
身長は今と変わりませんが、80kgを超えていました。
(いまは63kgほどです)
そんなに野放図に物を食べていたつもりはなかったのですが、しかし肉中心の食事であまり野菜を食べませんでしたし、何より運動が嫌いで殆ど身体を動かすことをしなかったので、いつしかぱんぱんに膨れる羽目になってしまいました。

そして、そのツケが腰にきて、椎間板ヘルニアに。
歩くはおろか身じろぎするのも辛い状態になってしまいました。
(MRIで脊椎の写真を撮りましたが、ものの見事に椎間板のうちの一つが潰れてはみ出していました)
整形外科的治療も受けましたが、医師曰く最良の治療は体重を落として腰にかかる負担を軽減すること。
痩せろとの宣告でした。

当然のことながら運動でカロリーを消費することが出来ません。
となれば、カロリーの摂取制限をするより他ないわけです。
母親が病院の栄養士から励行を薦められたのが、糖尿病患者のカロリー制限食。
栄養バランスを守りながらカロリーを落とすのに最善のやり方というわけです。
本当に糖尿なわけではないので、塩分の摂取制限はありません。

確かカロリー制限の中では一番軽い1800kcalだったと記憶しています。
10代後半の男子ならば2500kcal程度は摂っても問題ないことになっているので、7割程度の量ということになります。
しかし、実際にはもっと摂っていたはずで、とにかく空腹との戦いでした。
最初のうちは、起きている時間はずっと空腹。
お昼の弁当なども半分程度の大きさになってしまい、昼休みが終わって5時限目が始まる頃にはもう腹が減る有様です。

しかし、空腹も辛いのですが、ヘルニアの痛みはもっと辛いので、とにかく歯を食いしばって頑張っていると、次第に胃が小さくなってきて、さほど空腹を感じなくなりました。
効果も覿面で、最初の2ヶ月は1週間に1kgずつ落ちていき、最終的に半年で18kgの減量に成功することになります。
同じくカロリー制限に付き合うことになった両親も減量でき、中年太りしかかっていた身体が若い頃の体重に戻ったのでした。

このとき落とした体重を今に至るまで維持しているわけですが、これはひとえに食習慣が完全に改まったおかげだと思っています。
野菜(根菜を除く)は殆どカロリーがないことになっていますので、減量中はお腹の中に入れる量を増やすために、必然的に野菜を大量に食べることになります。
結果すっかり野菜と魚中心の食生活に。

もう一つ大きいのが、様々な食べ物のカロリーを覚えたこと。
女子栄養大のメソッドでは、80kcalを1単位として、例えば鶏肉60gが1単位、というような計算をしていきます。
大体の食べ物の単位数を憶えたことは、一人暮らしをしていたときにカロリーを摂りすぎないようにするのに大いに役に立ちました。

栄養士さんが教えてくれた減量を成功させ、リバウンドさせないコツは2つ。
1つは低カロリー食材を使わないこと。
当時から「ヘルシーリセッタ」のような、脂肪になりにくいとされる植物油脂は発売されていましたが、そういうのに頼ると結局脂っこい物を好むという食習慣が改善されないことになってしまいます。
なので、正規の計算で全ての栄養素を決められた範囲内の量で摂取することが肝心になるわけです。

もう一つが、週に一度は好きな物を好きなだけ食べること。
減量中も、土曜日の晩飯は焼肉や唐揚げをたらふく食っていました。
それでも週に1kgのペースで体重が落ちていきました。
21回ある食事のうちの1回で羽目を外したところで大した影響はないし、逆にストレスの解消になります。
また、次第に胃が小さくなるので、羽目を外しても食べられる量がどんどん減っていくため、ますます影響が小さくなっていきます。

ダイエットとは食習慣を根本から改めることだと思います。
○○をして痩せる、というのは、裏を返せば○○をやめたらまた太る、ということです。
体重を落とす、ということだけに主眼を置くならば、運動で痩せるというのはあまり効果がないように思います。
プロスポーツ選手が引退するなりぶくぶく太るのを見ても分かる通りで、状態を維持するためにはずっと運動を続けなければいけないことになります。
食習慣は一度改めてしまえば、無理なくそれを継続させていくことが出来ます。

とはいえ、僕も空腹を超える苦痛があったからこそ成功したわけで、なかなか誰でも出来るということではないのかもしれません。

【雑記】早稲田のメーヤウ2012年09月05日 22時43分

http://maeyao.com/

僕の学生時代の結構大きな部分を、メーヤウというカレー屋が占めています。

今は馬場下町の交差点に面していて、雰囲気も小じゃれていますが、僕が入学した当初は馬場下町の交差点から正門に向かう途中にあり、鰻の寝床のような狭くて小さな店でした。
値段も、店舗移転と同時に@750となりましたが、当時は@600。
それでも、学生街の昼飯にはいささか高い金額でした。

出会いは、サークルに入って早々。
僕が入っていた少女マンガ研究会(実は老舗)というサークルには、新入生はここのチキンカレーを食べるという伝統があり、僕も例に漏れず連れて行かれました。
もともとは辛いものが苦手で、初めて食べたときは悶絶したものでしたが、辛いけど旨い、の典型で、次第に辛いのに馴れていくとどんどんはまっていくのでした。

2年生以降は僕が後輩に奢ってチキラーを増やす役回りに。
自分も食ったけど、結構食わせもしました。

早稲田界隈は古い学生街なので、近辺には有名な飯屋が多くあったのですが、大学で飯を食う折は殆どメーヤウのチキンだったので、4年間いたくせに未訪の有名店が複数あるのです。

いろいろな想い出があります。
昼・夜チキンならまだ良い方で、同期たちとチキンを食べ終わって店を出たら先輩たちが並んでいて、そのまま先輩たちの奢りでもう一杯食べたことも。
夏休みにレポートの資料調べに図書館に行こうとして、腹ごしらえにチキンを食ったら汗だくになって疲れてしまい、そのまま帰ったこともあります。
就職活動中に後輩たちとチキンを食べに行き、カレーだけ食べて店を出れば良かったのに、食後のアイスまで楽しんだせいで山パンの説明会に遅れてあえなく落とされたりもしました。
卒業間際には、チキンの大盛りを食った後隣のてんやで天丼を食い、そして向かいのシャノアールでパフェを食うという荒行をやりましたが、今ではてんやの時点でリバースですね。

ひどい鼻風邪を引いているときにチキンを食べたら、案の定鼻水が止まらなくなりました。
ティッシュを一箱使い切るんじゃないかという勢いで鼻をかんでいると、あるときからぴたりと鼻水が止まりました。
風邪が治ったわけではなく、相変わらず鼻の中はヒリヒリ。
鼻水の元となる水分がなくなってしまったらしく、その日一日鼻水は出てきませんでした。

同期の辛党の女子とチキンを食って店を出たら、彼女が「じゃ、次体育だから」と言って颯爽と長刀の授業に向かったときは、思わず惚れそうになりました。

数えたわけではありませんが、4年間で300食くらいは食べたと思います。
今でもたまに訪れますが、店長は僕の顔と所属サークルを憶えてくれています。
どんだけ通ったんだよ、という話ですが。

通販に手を出したらいろいろ終わるような気がして、まだ買ったことはありませんw。

【真綾】DADDY LONG LEGS2012年09月07日 00時26分

※必然的にネタバレ多数となってしまいますので、観劇前の方の閲覧はご遠慮いただいた方が賢明かと思われます。

19時開演というのは社会人にはありがたい時間設定。
客席もかなり勤め帰りの人が占めていました。
男女比は圧倒的に女性が多かったです。
真向かいにある宝塚劇場とほぼ同じくらい。
おそらくいささか乙女チックなラブストーリーなので、ジャービス役の井上芳雄さんのファンと真綾ファンでも女性ファンが殆どということなのでしょう。
 
音楽は録音だと勝手に思っていたので、生演奏なのはうれしい誤算。
前方ど真ん中の席だったのですが、中抜けしないようにセンターにもスピーカーが置かれており、大変快適でした。

舞台は簡素で、場面転換は舞台のそこかしこに置かれた大きなトランクを移動させることで行われます。
その中に衣装が入っていて、ジルーシャが着替えることで時間や場所の移動を表現する仕掛けとなっており、良くできていると思いました。
真綾が衣装替えをするのを見るのは、何だかドキドキしました。

真綾の第一声を聞いてびっくり。
すっかりミュージカルの歌い方になっている。
もちろん、レ・ミゼラブルを長くやってきた、れっきとしたミュージカル女優でもあるので、当たり前なんですが、真綾の歌手としての歌唱しか聴いていない身としては大変新鮮でした。

真綾の演技は、情感たっぷりだけれどもコミカルな部分では程良い軽さがあって、嫌味がなく安心して見ていられます。
そして科白が安定しているのがすごい。
正味2時間と少々なんですが、真綾の科白と歌はおそらく1時間半はあると思います。
膨大な科白でしたが、1回もとちることなく、幾何の長い定理を早口で一息に読み上げるシーンでは圧巻の滑舌と科白回しで、拍手が起きました。

役への感情移入もものすごく深いです。
クライマックスでジャービスへの想いを吐露するシーンでは、眼を真っ赤にして、涙を一杯にたたえて、まさにジルーシャを目の前に見た気がしました。

ジャービス役の井上芳雄さんは、写真で見るよりずっとハンサム。
歌も上手く、人気があるのも頷けます。
このお話はジャービスが男として成長していく話でもあるのですが、その辺をすごく上手く演じていました。
配布されたフライヤーを見ると、殆どが井上さんが出る芝居と言っても過言ではないほどで、いつ稽古をしているんだろうと思ってしまいます。
ミュージカルもあれば、こまつ座(いわずとしれた故井上ひさしが座付き作者を務めた劇団)もあり、それもこの演技を見れば納得です。

最後、ジャービスとジルーシャがキスをするシーンは、年甲斐もなくドキドキしました。
これでちゃんとしたキスシーンがなかったら暴れるぞ、と思いながら、実際に至近距離で見せられると、鼓動が早くなってしまいました。

すれ違いや行き違いの末結ばれるという、古典的なラブロマンスを爽やかに、しかし情感豊かに演じた傑作です。
まっすぐな二人の恋に、そして表現者としての真綾のポテンシャルに酔わされた一夜でした。

【チューリップ】THE “LIVE”-40th Memorial Tour@川口リリアホール2012年09月09日 04時08分

※セトリは晒しませんがネタバレもあるので、閲覧ご注意ください。

前回の、これで最後になるだろうといわれたツアーが2007~8年。
ラストの大阪フェスティバルホールが、Contactツアー初日の2日後だったことを思い出すと、年月が経つのは本当にあっという間だと思わせられます。

何の因果か、1列目上手よりというとんでもない席を引いてしまい、ベースの宮城さんの真正面。
宮城さんの骨太なプレイを間近に見て、興奮しました。
もちろん財津さんも心ゆくまでprpr。
ただ、ラストの例の曲で、財津さんが本当に目の前に立ってくれたのに、畏れ多くて顔を上げることが出来なかったのは悔やまれます。

安部さんがMCで「有料最終ゲネプロへようこそ」という通り、ツアー初日はちょっとゆるいところもあったりするのですが、今日はぴりりと引き締まっていました。
各楽器の音が粒だっていて、インストライブに歌が乗っているような感じでした。
歌の伴奏、ではなく演奏になっているところに、各メンバーの熟練の技を感じます。
(音の面でも、演奏されている音が全て細部までくっきり聞こえており、某アーティストのスタッフにも是非見習って欲しいものです)

安部さんの弾くギブソンES-335の懐の深い響きには本当に酔わされます。
やっぱりギターは歌わせてなんぼな楽器です。
姫野さんとのギターハーモニーは泣かせます。
そして、殊に印象的だったのが上田さんのドラムで、ものすごくキレが良くて、びっくりしました。
15年前よりずっと切れてるような気がしました。

セットリストはかなり意外。
デビュー当時ライブでやっていたという、相当マニアックな歌もチョイスされており(僕は知りませんでした)、予定調和だけで終わらせない意気込みを感じました。
宮城さん、上田さんのソロボーカル曲も、おお!と思わせる選曲でした。
そしてみんな大喜びだったのが、安部さんのボーカル。
あの味のあるボーカルは僕も大好きです。

財津さんのネオンリッケンは最後の最後に登場。
本当に音を出すたびにいろいろな色の光がピカピカ光るので、面白かったですし、初めて光るネオンリッケンを見ることができ、感無量でした。
光っているところを客に一所懸命に見せようとする財津さんがおかしかったです。

チューリップのライブは、飛んだり跳ねたりする訳じゃないので筋肉痛になったりはしませんが、精神的にインナーマッスルを使うというか、心の奥にある魂の部分を刺激されるので、結構疲れます。
回を重ねるにつれどのように成熟していくのか、楽しみです。