【真綾】朗読劇「私の頭の中の消しゴム」@シアター・ドラマシティ2012年07月15日 09時43分

浩介:別所哲也
薫:坂本真綾

本当に素敵なお芝居でした。
真綾の演技の力にも改めて感服しました。

前半は、ぶっきらぼうで不器用な建築現場の作業員の浩介と、浩介が働く建設会社の社長令嬢で、育ちが良く都会的な薫が、出会い、惹かれ、愛し合い、結ばれるまで。
ベタといえばベタなんですが、こういうのに弱いんです。
いい加減かなり枯れてきている僕ではありますが、「恋がしたいなあ」としみじみ思ってしまいます。

スケールの大きい別所さんと細やかな真綾の演技の個性がキャラクターによく合っていて、2人の想いの世界にどんどん引き込まれていきました。
ところどころ笑いも入るのですが、シリアスな展開からさりげなく挿入されるので、不意をつかれてこれがまたおかしかったです。
脚本もよく練られているように思いました。

後半は、薫が若年性アルツハイマーを病み、少しずつ自分を失っていく中、必死に浩介が支えるストーリー。
僕は泣きっぱなしでしたし、客席全体がすすり泣きに包まれていました。
どうして涙と一緒に洟も出るのか分かりませんが、鼻をちーんしたくてもできず、終演までずっとずるずるやってました。

浩介の想い、薫の想いそれぞれがとても切なくて、胸が締め付けられる想いでした。
浩介の愛し抜きたくても、愛する人が自分を忘れ、その人でなくなっていく葛藤と、薫の、自分が自分でなくなっていく恐怖がとても辛かったです。

真綾の演技は決して派手ではないけれども、緻密に描き込まれている感じで、切々と薫の姿が伝わってきます。
薫の恐れもそうですし、少しずつ「恍惚の人」となっていく姿も真に迫っており、胸を打たれました。

物語のラスト、自分が誰かも失ってしまった薫の姿が、痛ましくも美しかったです。
もう科白も、表情もなく、ただ椅子にかけているだけなのですが、素晴らしい演技だったと思います。
そして、全てを忘れてしまったけれども、ただ一つ、浩介の存在だけは手放さなかった薫。
こうして文字に起こしているだけでも、思い出し泣きしてしまいます。

昨年の「ジャンヌ・ダルク」といい、演技者としての真綾の図抜けた存在感に圧倒されるばかりです。
9月の「ダディ・ロングレッグズ」への期待が否応なしに高まります。

コメント

_ manicure ― 2017年05月04日 17時13分

This is a topic that is near to my heart...

Best wishes! Exactly where are your contact details though?

_ Why do they call it the Achilles heel? ― 2017年07月15日 17時52分

First off I want to say awesome blog! I had a quick question which I'd like to ask if
you don't mind. I was curious to find out how you
center yourself and clear your mind prior to writing.
I have had a tough time clearing my mind in getting my thoughts out.

I truly do take pleasure in writing but it just seems like
the first 10 to 15 minutes tend to be wasted simply just
trying to figure out how to begin. Any recommendations or hints?
Thanks!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://reallifecreation.asablo.jp/blog/2012/07/15/6511555/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。