【GRANRODEO】ロデオ組生誕祭~ろ組のひと☆ろ!~@日比谷野外音楽堂2012年07月01日 23時28分

怪しげな空模様でしたが、ちょうど16時の入場と同時に本降りの雨に。
どうせ濡れるんだからと年甲斐もなくカッパも着ずに濡れるに任せて、開演まで大人しくしていました。
幸い全くの無風だったので、頭と腕以外はあまり濡れませんでした。

男女比は、1:9くらいでしょうか。
最近のライブでは3:7くらいまで男性は増えていましたが、FCともなるとやはり圧倒的に女性は多くなるようです。

すごかったのは、会場に入れず外で音を聴いているファンの多さ。
IGPXコールの大きさからして何百人のレベルだったと思います。
殆どが女性ファンだったと思いますが、女性のこういうところは本当に頭が下がります。

ライブ開始前には、ロデオ組の門出を祝してテープカットのセレモニーが行われました。
ちゃんと女性司会者を起用しての本格的なもの。
冒頭の挨拶ではきーやんがマイクにおでこをぶつけるというお約束をかましてくれまして、本当にちゃんと「分かっている」人だなあ、と改めて尊敬しました。

セトリは、のっけからデスマーチ。
さすがに雨で身体が冷えていたのでなかなかエンジンが全開にならず、個人的に完全に燃えられなかったのは残念ではありましたが、暖まっていたら大変なことになっていたと思います。

FCのテーマソングってのは面白いと思いました。
ちゃんとロデオボーイとガールとの掛け合いもあったり、すごく「らしい」歌です。
曲調はロックンロールと言うよりは、ロカビリーみたいで、改めて飯塚さんの懐の深さを思い知らされます。
しかもきーやんがとある一節を「マツモトキヨシ」って勝手に替えて歌ってしまうし。
(確かにマツモトキヨシのCMのジングルとそっくりな部分があるんです)

とにかく訓練の行き届いたロデオボーイ&ガールなので、「SUMMER GT 12」のダンスがみんな完璧なのには恐れ入りました。
覚束ない自分のにわかっぷりに恥じ入るばかりでした。

「modern strange cowboy」で理性がぶっ飛んで訳が分からなくなっちゃう感覚は、何度経験しても気持ちがいいものです。
おかげですでに首がひどく痛いのですが、よそのライブでは決して味わえない快楽なので、やめられません。
このあたりになると、雨は本降りでしたが、みんなカッパは脱いでましたね。

12月から全国ライブハウスツアー、2月には横アリ2DAYSとお楽しみは尽きません。
まあ、個人的には来週の大阪連チャンが喫緊の課題なわけですがw。
生きて帰京できるのかしら。

【宝塚】月組大劇場公演「ロミオとジュリエット」2012年07月09日 22時38分

フランスで大ヒットしたミュージカルの翻案で、宝塚では再々演になります。
僕は前回の雪組公演を見ており、大変面白かったのでそれだけでも期待大なのに、僕が大好きな明日海りおがダブルキャストでロミオとティボルトを演じるというので、いやが上にも期待は高まります。

ロミオ:龍真咲(まさお) ティボルト:明日海りお(みりお)
ロミオ:明日海りお ティボルト:龍真咲

の2通りのキャストを見てきました。
2日続けて両者を見たので、違いがはっきりと分かって面白かったです。

まさおは典型的な王子様キャラなので、ロミオははまり役。
純真無垢な心で一途にジュリエットを愛し抜く姿にひたすら心打たれました。
雪組公演時の音月桂と全く同じ系統だと言えると思います。
一方で、ティボルトは今イチ存在感が出ない感じ。
メイクも工夫してワルな感じを出そうとしているんだけど、いかんせん王子様が無理矢理ワルな振りをしている感が拭えません。
もちろん、それはそれで萌えるんですがw。

一方で、みりおのティボルトはかなりいい。
かなり迫力のあるワルっぷりでしたが、それだけでなく、本当は自分もロミオのように愛のために生きたいのに、キャピュレット家の跡継ぎとして許されない葛藤を表現していて、深みがありました。
一方で、ロミオになると悩めるロミオというか、若干神経質な感が否めず、見ていて少し疲れるキャラクターの作り方ではありました。
もちろん、それはそれで萌えるんですがw。

ジュリエット役の愛希れいかは、ただただ一生懸命やっているという感じ。
研4では致し方ないでしょうし、かなり頑張っていると思います。
「アリスの恋人」のときはまだまだ娘役になりきれていませんでしたが、もうすっかり一人前の娘役で、安心してみていられます。

その他のキャストは、特にマーキューシオは前の雪組(早霧せいな)の方が二枚ほど上手。
狂気と理性の狭間を揺れ動く様があまり出ていなかったように思います。

まさおとみりおは、全く個性の異なるキャラクターを演じ分ける(下手すると1日で両方を演じる)と言うことで、科白・歌・ダンスの量も含めて、大変な負荷だと思いますが、よくやっています。
東京公演も含めるとまだまだずいぶん見ることになるのですが、飽きるということはなさそうです。
みりおを観ているだけで飽きるどころか忙しいのですがw。

【GRANRODEO】LIVE 2012 Can you Do the SUMMER!?2012年07月10日 23時28分

そりゃあもう、夏しちゃいましたよ!

宝塚が14時終演で、ライブが15時開演という強行スケジュール。
5分くらいは開演押すだろうと思っていたら、前日と同様時間きっかりに始まり、すべり込みセーフでした。

FC先行チケットでの入場(11列目センター)だったんですが、周りに殆ど男子がいない。
かわりにビキニのおねえちゃんがちらほら。
左斜め前にも、右斜め後ろにもビキニ。

しかも、こんなところで自ら晒すぐらいなので、そういう娘は非常に豊かなんですよ、乳が。
「こ、こぼれる・・・!」と言いそうになるような瞬間も一度ではなく、もういい加減擦れたワタクシではありますが、ドキドキしましたねえ。

梅雨の晴れ間に恵まれ、上手側から真夏の陽射しがさんさんと照りつける、絶好の夏の野外ライブ日和。
そんな環境でグランロデオのライブとなれば、燃えないわけがありません。
セトリも冒頭から「Can Do」「シャニムニ」「ROSE HIP-BALLET」「カナリア」と飛ばしまくりで、冒頭からトップギア全開です。
最終盤、「modern strange cowboy」で死ぬ気でぶっ飛ばしたら本当に死にそうになりましたが。

途中水を発射するバズーカ砲みたいなもので客席に水をぶちまけるという演出があり、立ち見席から見ている分にはしぶきがかかる程度なのかと思っていました。
しかし、実際にかぶってみると、一瞬でずぶ濡れになるレベルのすごい水量でした。
カンカン照りの下だったので、むしろ気持ちいいくらいでしたが。

きーやんはここでもイヤモニを使わず。
今日日ではすごいことと言えるでしょう。
(財津さんは武道館ですらイヤモニを使わない人ですが)
客席からの面白い発言をすぐに拾ってくれるので、MCでやりとりをしてくれるのもうれしいところです。
飯塚さん、瀧田さん、バルさんは相変わらずの変態っぷりでした。

個人的にすごいと思ったのがアコースティックコーナー前のMCでの出来事。
益体もないことを二人が喋っているうちに、いつの間にか「空の青い部分が雲よりも大きい」とかいうタイトルの歌を即興で歌う流れになり、飯塚さんが適当なコードとリズムをアコギで弾く中、それに合わせてきーやんが即興で歌詞とメロディをつけて歌うという芸当を披露してくれました。
きーやんのセンスがハンパでないことをまざまざと見せつけられた一幕でした。

ギャルっぽい感じの衣装のダンサーちゃんが出てくると一斉に「可愛い!」の黄色い声が上がるのも新鮮な感じ。
上がビキニで下がデニムのホットパンツという衣装にはぎゅんぎゅんきましたね。
「ミニ浴衣」みたいな衣装は、きーやんたっての希望だったのだとかw。
しかし、とあるダンサーちゃんは両親ともに瀧田さんより年下だそうで、客席はみんな真顔で「ええ!?」。
瀧田さんほど年齢と見た目が合っていない人も珍しいでしょう。

アンコールのコールでは、とにかく男子が圧倒的に少ない上に前方センターにいるという立場上、声と(公式グッズの)扇子でコールの音頭を取る羽目に。
腹の底からコールしながら扇子を振り続けるのはなかなかの苦行でしたが、途中でやめるわけにもいかず、メンバーが出てきたときには太陽が黄色かったです。
(前にも書きましたが、グランロデオのライブでは、アンコール時に男性が「グラン」、女性が「ロデオ」を交互にコールするのです)

ライブの最後にきーやんと飯塚さんの直筆メッセージが書かれたリボンが発射されたものの、それがやたらと長く、気が利かねえなあと思っていたら、終演後そこかしこで女の子がはさみを出してきれいに切って配り始めました。
女子力の高さに脱帽です。

グランロデオのライブは空間全体が楽しい現場なので、通わずにはいられないのですね。
冬も通っちゃうんだろうな、と今から確信してしまうのです。

【真綾】朗読劇「私の頭の中の消しゴム」@シアター・ドラマシティ2012年07月15日 09時43分

浩介:別所哲也
薫:坂本真綾

本当に素敵なお芝居でした。
真綾の演技の力にも改めて感服しました。

前半は、ぶっきらぼうで不器用な建築現場の作業員の浩介と、浩介が働く建設会社の社長令嬢で、育ちが良く都会的な薫が、出会い、惹かれ、愛し合い、結ばれるまで。
ベタといえばベタなんですが、こういうのに弱いんです。
いい加減かなり枯れてきている僕ではありますが、「恋がしたいなあ」としみじみ思ってしまいます。

スケールの大きい別所さんと細やかな真綾の演技の個性がキャラクターによく合っていて、2人の想いの世界にどんどん引き込まれていきました。
ところどころ笑いも入るのですが、シリアスな展開からさりげなく挿入されるので、不意をつかれてこれがまたおかしかったです。
脚本もよく練られているように思いました。

後半は、薫が若年性アルツハイマーを病み、少しずつ自分を失っていく中、必死に浩介が支えるストーリー。
僕は泣きっぱなしでしたし、客席全体がすすり泣きに包まれていました。
どうして涙と一緒に洟も出るのか分かりませんが、鼻をちーんしたくてもできず、終演までずっとずるずるやってました。

浩介の想い、薫の想いそれぞれがとても切なくて、胸が締め付けられる想いでした。
浩介の愛し抜きたくても、愛する人が自分を忘れ、その人でなくなっていく葛藤と、薫の、自分が自分でなくなっていく恐怖がとても辛かったです。

真綾の演技は決して派手ではないけれども、緻密に描き込まれている感じで、切々と薫の姿が伝わってきます。
薫の恐れもそうですし、少しずつ「恍惚の人」となっていく姿も真に迫っており、胸を打たれました。

物語のラスト、自分が誰かも失ってしまった薫の姿が、痛ましくも美しかったです。
もう科白も、表情もなく、ただ椅子にかけているだけなのですが、素晴らしい演技だったと思います。
そして、全てを忘れてしまったけれども、ただ一つ、浩介の存在だけは手放さなかった薫。
こうして文字に起こしているだけでも、思い出し泣きしてしまいます。

昨年の「ジャンヌ・ダルク」といい、演技者としての真綾の図抜けた存在感に圧倒されるばかりです。
9月の「ダディ・ロングレッグズ」への期待が否応なしに高まります。

【雑記】初めての○○2012年07月31日 00時18分

僕は1977年生まれですので、それを頭に入れてお読みいただけると時代が分かるかと。

◆初めて見たアニメ
初めて見た、というよりは記憶にある一番最初のアニメということになりますが、「六神合体ゴッドマーズ」です。
もちろんよく覚えているわけではないのですが、見ていたという記憶ははっきりとあります。
これ、ホモ臭いアニメですよね。

◆初めてはまったアニメキャラ
これはもう事あるごとに言ってますが、「ふしぎの海のナディア」のナディアです。
中一ですね。
OP冒頭の、カメラ目線でにっこり笑うナディアに完全にノックアウトでした。
今でもナディア以上に好きになったキャラはいないですし、生身の人間を含めてもナディアを超える存在には出逢えていないような気がします。

◆初めての宝塚
中三の時に見た花組「心の旅路/ファンシー・タッチ」の東京公演です。
我が家は祖母の代から、戦前からの宝塚ファンであり、強く薦められてそんなに乗り気ではなかったものの見に行きました。
トップは安寿ミラ、二番手が真矢みき。
ダンスがとても素敵な組で、一発で魅了されてしまいました。
当時は、他に月組トップが天海祐希、雪組が一路真輝と、100年近い宝塚の歴史の中でも屈指の黄金時代のまっただ中であり、はまらないわけがないタイミングでもありました。
一時期小粒なトップが続いた時期に見る頻度が落ちたときもありますが、一生の趣味になるでしょう。

◆初めてのオーディオ
初めて自室に置かれたオーディオ機器は、父親がゴミ捨て場から拾って修理した、マランツのカセットデッキです。
初めてお金を出して買ったものとなると、マランツのCDプレイヤー、CD-63(だったはず)です。
これに同じくマランツのアンプPM-80a、ダイアトーンの名機DS-28Bを組み合わせて高校時代まで聴いていました。

◆初めてのライブ
高一のとき、財津和夫さんの「Neked Heart」ツアーになります(会場は千葉県内のどこか)。
財津さんは40代半ば、まだ枯れていない財津さんの歌は大層魅力的だったはずですが、ガキだった僕にはそれを十分に理解できていたとは思えません。
今の僕が聴いたら鼻血がでちゃうでしょうが。
その後しばらくは財津さんのレコ発ツアーに参加することになります。

◆初めての小説
初めて書いたちゃんとした形になった小説は、FSSのパロディでブルーノ×パラーシャ。
高一のときです。
エッチの後の朝を描いた話で、ませたガキです。
オリジナルもいくつか書いたことがありますが、基本的にはパロディを書き続けることになります。

◆初めてのほもぉ
高二ぐらいの頃、栗本薫「終わりのないラブソング」シリーズか竹宮惠子「風と木の詩」のどちらかですが、おそらく前者の方が早かったと思います。
その後角川ルビー文庫の「タクミくん」シリーズや、当時出始めた新書版のBL小説などを好んで読むようになります。
何でこんなにBLが好きなのか、僕にはさっぱり分かりません。

◆初めてのコミケ
95年、高三のときの夏コミです。
会場は晴海。
晴海の国際展示場はホール間移動は屋外。
とにかく暑かったのを憶えています。
当時の日記では、帰宅したら体重が2kg減っていたとあります。
このときのメインジャンルは、セーラームーンと創作BL。
ごとうしのぶさんのサークルに並んで18禁の本を買ったりしていました。

◆初めてのギャルゲー
「ときめきメモリアル」(セガサターン版)
始発で出掛けて新宿のヨドバシに並びました。
不朽の名作ですね。
僕のイチ推しは紐緒閣下です。

◆初めての演奏会
時期は憶えていませんが、大学2年生の頃、サヴァリッシュ指揮N響でメンデルスゾーンの「スコットランド」がメインの演奏会でした。
さすがにサヴァリッシュはN響とNHKホールの鳴らし方を心得ていて、非常に興奮したのを憶えています。
演奏自体も、クレンペラーをもう少し闊達にした感じで、良かったです。
これを機にN響や都響の定期会員になり、耳の経験を増やしていくことになります。

◆初めての遠征
厳密に言うと、中学生のときに友人たちと関西のラジオを聴きに大垣夜行で出掛けたことがあるのですが、ライブの遠征という意味では、1997年のチューリップ再結成時の、名古屋の現日本ガイシホールへの遠征が初めてとなります。
初めて自分の金で新幹線に乗った経験でもありました。

◆初めての海外
大学3年生の秋に、友人とヨーロッパに行ったのが最初。
ロンドン・パリ・ローマ・ジュネーブを回る弾丸ツアーでした。
このときの経験が鮮烈で、その後香港・アメリカ・フィレンツェ・バンコク・台湾(3回)・ソウル・上海と各地に出掛けることになります。

◆初めての声優ライブ
2004年の坂本真綾@渋谷O-Eastが最初です。
初めてのスタンディングライブでしたし、初めて有休を取った一日でもありました。
細部は憶えていないのですが、「約束はいらない」で号泣したのは憶えています。

◆初めてのみのりん
「涼宮ハルヒの激奏」が最初です。
ただ、当時はあーやを見るのがメインだったですし、世間的にもそうだったと思います。
しかし、ライブ編のトップバッターで出てきたみのりんには眼と耳を奪われました。
このときの体験がCD購入に繋がり、やがてツアー・台湾へと続いていくわけです。

長文失礼しました。