【雑記】人間の身体ってのは複雑なのか単純なのか2011年11月10日 23時14分

父親が心臓手術を受けました。

ずいぶん前から心房細動(不整脈の一種)を患っていることは知っていたのですが、執刀医の話を聞くと、疾患の大本は僧帽弁(左心房と左心室を隔てる弁)の不全で、そこから全てが派生しているとのこと。
よって、手術では、僧帽弁の再形成もしくは機械弁による置換、及び三尖弁(右心房と右心室を隔てる弁)の再形成、そして可能であればメイズ手術(心房細動を除去するための手術)とのことでした。

僧帽弁と心臓本体をつなぐ腱のようなものが切れ、弁がきちんと閉まらなくなることにより、左心室から左心房に血液の逆流が起こる。
そうすると今度は左心房から肺、肺から右心室、右心室から右心房、右心房から肝臓、という形で逆流が起こり、いろいろと不具合を引き起こされるわけです。

逆流が起こるために左心房が肥大し、左心房の壁の部分に存在する電気刺激の伝達系が壊れ、心房細動を引き起こす。
肺が鬱血する(通常の倍以上の血圧で、仮に一気にその状態になったら、溺れたような猛烈な息苦しさを感じるはずだそうです)。
肺が鬱血して上手く血液が流れ込まないので、同様に右心房も肥大する。
肝臓が鬱血し、血小板が過度に濾過され、減少する。

医師の説明を聞いて、因果関係はよく分かったのですが、何だか家庭の排水管みたいだな、と思ってしまいました。
逆流しちゃうなんて。
大本の弁の不具合を直して血液の流れを良くするとかなり状態は緩解するとのことで、クラシアンかいな、と思ったり。

実際の術式がどうなるかは開けてみないと分からないとのことで、終了したあと執刀医に話を聞くと、右心房が通常の人の4倍ほどに肥大していたとのこと。
左心房が2倍くらいに肥大しているという話は聞いていたのですが、開けてみて執刀医も驚いたようです。
ここまでになるのは10年やそこらではきかないので、もっとずっと前から具合は悪かったと思いますよ、という話でした。

このような状態では心房細動を外科的に処置することは不可能なので、メイズ手術は行わず。
僧帽弁は、弁形成にトライはしてみたものの弁の変形の度合いが大きく、機械弁への置換へ。
三尖弁の形成も行い、逆流がなくなったことで右心房の大きさが通常の倍くらいまでは縮んだそうです。

心臓を止めていたのは140分ほどだったとのこと。
それだけの時間心臓を止めて、あまつさえかっさばいたりして、それで再びちゃんと動き出すのだから、不思議なものです。

いずれにせよ、癌を切除するとか言うのと違って、元気になるための手術なので、病院で待っている間もそんなに気を揉んだりすることもなく、普通に本を読んだり、眠くなったらうたた寝したりしていました。
それでも、ICUでちゃんと生きている姿を見たときは、さすがにホッとしました。

機械弁に置き換えるので切除した僧帽弁を見せてもらったのですが、何だかずいぶんと頼りない代物でした。
こんなもんで人間生きてるんだなあ、と思った次第です。

【雑記】こんな夢を見た2011年11月15日 23時29分

神奈川県民ホール前の広場によく似た感じの広場に、いつものメンバーとたむろしている。
(ファイナル&カウントダウンからの想起)

お金をおろさないといけないことに気づき、三井住友銀行のATMを探しに、古い作りのビルの中に入る。
(日本青年館からの想起)

建物の中は入り組んだ作りになっていて、ATMへの案内はあるが、なかなかたどり着けない。
(万年金欠状態であることからの想起)

そうこうしているうちに、女性だけのトライアスロンのスタート地点に紛れ込んでしまう。
(何が元になっているのか分からず)

一生懸命応援しているみのりんを見掛ける。
みのりんは「Contact」ツアーの後半の衣装のような、青が基調で鳥の羽をあしらったような、そしてずっと露出の多い(特に胸が強調されている)服を着ている。
声を掛けるとみのりんは気さくにおしゃべりに応じてくれる。
「大ファンです、今日のイベントすごく楽しみです」と言うと、みのりんは「ありがとう!」と言ってふかぶかと頭を下げるが、その弾みに胸がこぼれそうになる。

僕は咄嗟に眼をそらすが、傍らの瀬野さんと眼が合う。
僕は口に人差し指を当てて「シーッ」の仕種をする。
これは「今見た光景はツイッターで呟いたりはしませんよ」と言う意味である。
その意を酌んで、瀬野さんも同じ仕種をする。

そのままみのりんとしばらくおしゃべりをする。
(内容は分からない)
いつまでもおしゃべりしていて良いものか、瀬野さんをちらちら気にするが、瀬野さんは特に気にしているふうでもない。

ここで夢は終わる(眼は覚めなかった)。

【イベント】ANIMAX MUSIX @横浜アリーナ2011年11月25日 00時22分

マイミクKさんにご一緒していただけると言うことで、急遽参加することに。
送料出品者持ちのオクで買ったチケットでしたが、センターD4ブロック前方と、2段上がったところだったので視界が開けており、距離はあったもののステージはよく見渡せる、かなり良い席でした。

箇条書きに近い形で、当日の印象を。
若干ネガティブなことも書きますが、僕個人の印象と言うことでご了承いただきたいと思います。
全員に触れるわけでもないのであしからず。

RAMM feat. ayamiででてきたayamiというJK、何者なのかさっぱり分かりませんが、彼女みたいなのは、実は嫌いじゃないんです。
愛内里菜が結構好きだったりするので。
意外なところでちょっとエンジンがかかりました。
もう一曲くらいやってくれても良かった気が。

グランロデオは新曲とずいぶん久し振りに「HEAVEN」をやってくれたので、燃えました。
ずっと大人しくしていたので、ここでやっと汗をかく展開に。
アニソンカバーコーナーでは、ガンダムSEEDの「INVOKE」。
この1曲のために瀧田さんとバルさんが出てきて、グランロデオ節全開のステージに。
じっくり歌を聴いたりステージを見たりしたかったんですが、バルさんの倍速バスドラに煽られてずっとヘドバンしてました。
原曲とかけ離れていようが、元を知らないので僕には関係ないのですw。

The Sketchbookは、大好きなスケット・ダンスから生まれたユニットと言うことで、推してあげたいとは思うものの、とてもそのレベルに達しておらず、何だかなあという感じ。
エイベックスが肝いりでオーディションをして、この程度かい?という思いしかありません。
ボーカルも平凡だし、何かのカバー曲のイントロでギターの娘がソロを弾いたけど、これがまた下手くそで、とてもスポットライトを浴びて披露をするレベルじゃない。
首を傾げるばかりでした。

そして、ランティス斎藤さん一推しのSee☆A。
たどたどしい日本語で頑張っている姿は微笑ましいと言えなくもないけど、何だって日本人の水準以下の娘たちをわざわざ輸入しなきゃいけないの?
今の日本人にはない、すれてない感じが良い、とかいうの?
僕には分からない感覚です。
そして僕及び他の真綾ファンの逆鱗に触れたのが、「プラチナ」のカバー。
ここはアイドルの卵が学芸会する場じゃねえんだよ!
ヤジを飛ばしかねないテンションでした。

我らがみのりんは第2部のトップバッター。
パラロス・タミネ・忘却・輪舞、の4曲。
ここでようやく荒ぶることができて、満足。
カバーは「あんなに一緒だったのに」と「エタブレ」(angelaとのコラボ)。
前者はオリジナルは知りませんが、ガットギターとクラップが入ったスパニッシュアレンジで、大変満足。
先日のアコースティックライブではまさにこういうアレンジを聴きたかったので、欲求不満が解消されました。
真っ赤なドレスも素敵でしたし(オペラグラスでガン見安定でした)。
後者では言うまでもなく爆発しました。
こんな日が来るとは、生きているもんです。

みのりんの直後が喜多修平くん。
「世界一初恋」のOPを連チャンだったので、勢いそのままにUOを立て続けに折ってしまいました。
歌は上手いし、性格も明るい好青年なので、推せると思いました。

続いて飛蘭。
でかい箱でも物怖じしないというか、遺憾なくパワーを炸裂させてくれます。
気持ち良く暴れられました。

この日分かったのですが、僕はKalafinaが苦手なのではなく梶浦さんが苦手なんですね。
カバー曲を歌っているKalafinaはすごく素敵だと思うんですが、自分の歌を歌う段になると「う~ん」となってしまう。
Kalafinaのカバーアルバムなんかが出れば喜んで買うでしょう。

総論としては楽しかったですが、ドレスシャツにネクタイをつけたまま、タオルも必要なし、という感じでした。
僕にとっては完全にみのりんのためのイベントでしたね。

終演後は近くの居酒屋に転がり込んでやっぱり打ち上げ。
Iさんと「ホライゾンはFSSの亜流」という意見で一致して大いに溜飲を下げたり、「ママレードボーイ」のOPでみんなで滾ったり、訳の分からないテンションでした。

先週の金曜日から数えて、6日間で4回イベントってどんだけ?という話です。
そして同じ回数だけ会っている人も少なからずいるわけで、訳が分かりません。
楽しいから良いんですが。