業界の話2011年10月01日 11時51分

唐突ですが、即席麺業界の話でも。

国内の即席麺市場の規模は、約53億食、金額では約5000億円。
各メーカーのシェアは、日清食品が40%、東洋水産が20%、残りの大手3社を合わせると、5社で90%近いシェアとなります。

2007年までは売り上げを稼ぐための廉売合戦が行われ、チラシ特売では大手各社の主力品が1食69円などという状況が日常茶飯事となっており、食数ベースでは好成績なものの、利益は上がらないという典型的なデフレの悪影響を受けていました。

転機は2008年。
原料コストの高騰を理由に1月に17年ぶりの値上げを敢行します。
これはスムーズに店頭にまで浸透し、店頭売価の底上げに寄与しました。
食数は大幅に落ち込みますが、利益を取れる体質を取り戻します。

以降、各社は再度消耗戦に陥ることを避けるため、商品開発による新たな価値訴求を活発に行うようになります。
日清食品は麺の革命を謳い、どん兵衛のリニューアルや、「太麺堂々」「カップヌードルごはん」「ラ王(ノンフライ麺)」「スパ王(ノンフライ麺)」など新タイプの麺を使った商品を打ち出し、10月に発売される新しい「太麺堂々」で第6世代の麺としています。

東洋水産は、和風麺に使用しているかつお節を無殺菌のものに変えてだし感をアップ、季節ごとに旬の素材を使用する「四季物語」ではカップ麺売り場で季節感を表現し、「昔ながらのソース焼そば」には特許出願中の新製法の麺を投入。
11月には袋麺の大型新商品「マルちゃん正麺」を発売し、近年にわかに活況を呈している袋麺市場に一石を投じます。

サンヨー食品は「サッポロ一番」ブランドの新商品「担々麺」に続き、新ラインを増設して「ちゃんぽん」を投入、カップでも大盛りのさらに上を行く「キングカップ」を投入して大きな話題を呈しています。
明星食品も「チャルメラ」ブランドに担々麺とちゃんぽんを投入。新製法の麺を用いた「究麺」ブランドを軌道に乗せ、業界で初めて縦型ビッグサイズにノンフライ麺を使用するなど、以前の「安売りメーカー」というイメージを払拭しています。
エースコックはカップ焼そばの新機軸「JANJAN」を発売、ウィークポイントだった袋麺においても、麺に米粉を10%使用した「新麺組」を発売し、順調に売り上げを伸ばしています。

各社ともに10億円単位の設備投資を積極的に行い、次々と画期的な商品が生まれています。
その甲斐あって、デフレ進行下にあっても廉売合戦に陥ることなく、各社堅調な実績を上げています。

即席麺業界は、食品に限らず様々な業界を見渡しても、健全な競争原理が働いている、元気な業界と言えると思います。
震災以前から好調でしたが、図らずも震災によって改めてその価値が見直され、さらに弾みがついた感もあります。
今後の展開が注目されるところです。

【坂本真綾】世界遺産劇場@富岡製糸場2011年10月01日 12時59分

今さら感がありますが印象的なライブだったので記録を。

車で行った方が便利なのは分かっていたものの、父親が入院中につき病院に通っている母親が車を使うのと、こんなことでもなかったら上信電鉄なんて死ぬまで乗らないので、敢えて電車を乗り継いでいきました。

少し早めに着いたので、工場の中を見学。
10年間工場勤務をしていたので、「工場」というだけでテンションが上がるのですw。
製糸用の機械がそのまま展示されている棟は、なかなか壮観でした。
これを見るために来るかといわれたらそれは正直ないのですが、それでもいいものを見ました。

天気は時折晴れ間が見えるものの、雲は低くたれ込め、強風が吹き荒れて今にも嵐が来そうな有様。
マイミクIさんと落ち合ったので雨対策の話をしているうちに、やはりカッパがあった方がいいという結論になり、ビニールカッパを売っている用品店に行って保険のため購入。
すると、開場時に全員に配られるというオチで、苦笑い。
さすがは真綾、といったところでしたが、結局は2枚あってちょうど良かったということになるのでした。

どれくらいの規模なのかはかりかねていたのですが、会場に入ってみると、相当広い。
3000は入れたのではないでしょうか。
横は60以上ありましたし、縦も50以上あったように記憶しています。
そんななかの5列目センターでしたので、非常な良席だったと思います。

ライブの幕開けはとにかく風が強く、ステージ上のテントはバタバタ音を立てるし、真綾のマイクは風を拾うしで、前途多難を予感させる感じでした。
真綾もすごく歌いにくそうでしたが、それでも何だか楽しそうで、こちらもテンションアップ。
久し振りに間近で見る真綾はとっても可愛かったです。

編成はキーボード・パーカッション・ギター・チェロという変態編成。
FCイベントのレギュラー編成とのことでしたが、真綾以外ではこんなバックはあり得ないでしょう。

それでも最初のうちは順調に進み、2回目のMCに入ったところで雨がぽつりぽつり。
こりゃやばいと思っているうちに、あっという間に本降りに。
悪いことに風向きが客席側からステージに向かって吹いていたので、あっという間にステージが、というか真綾がびしょ濡れ。

真綾がびしょ濡れ!

しばらくはステージ上に待機して、「タオル巻いて歌うなんて永ちゃんかアタシだよ」とか言っていたのですが、ステージに雨除けのテントを張ることになって一時中断。
しばらく客席でじっと雨に打たれることになります。
本当にひどい降りだったので、自分で着る用と荷物用でカッパは2枚とも使いました。

ステージから引っ込む直前、真綾が雨の様子を見に舞台の一番前まで出てきたんですが、聞かれてもいないのに、
「大丈夫よ、見えても大丈夫な物しか履いてないから。そこは大人だから」
とか言っていたのが、小憎らしかったです。
確かに思いっきり風が吹き上げていたので、見えるぜ、とドキドキしていたところではあったのですが、こういうことを言っちゃうあたりが真綾らしくて好きです。

20分ほどの中断を経て、ライブ再開。
「奇跡の海」からだったのですが、小さな編成でも圧倒的なスケール感で、真綾の歌の力を存分に感じました。
その次が「雨が降る」だったのには笑うしかなかったですが。

真綾も言っていましたが、本来しっとりとしたアコースティックライブだったはずが、雨のおかげで客席も真綾も変なテンションになり、盛り上がってしまいました。

一旦は雨が小止みになるものの、オーラスの「ポケットを空にして」のころにはまたしても本降りに。
いつも通りみんなで合唱をして終わったのですが、雨に濡れるのもかまわず、真綾は舞台の一番前に出て客席にマイクを向けます。
みるみる雨に濡れる真綾に激萌えしつつも、伝説の「雨の鈴蘭」での財津さんの姿が重なり、泣きそうになってしまいました。
(本当に映像で見た財津さんと同じような姿でした。奇しくも年齢も1歳違い)
野外ライブで雨に降られてアーティストと一緒にびしょ濡れになる、というのが夢だったので、その意味でも感慨無量でした。

会場は辺鄙だし、そんなにたくさん歌うライブではなかったし、雨には降られるし、ということでそれだけを見れば散々なライブですが、僕にとっては格別な体験となりました。

【Suara】『Pure LIVE -Legend Of Pure Sound-』@渋谷マウントレーニャホール2011年10月01日 15時55分

火曜日の夜、さっさと定時退社していそいそと渋谷に。
公園通りの交差点ではマック赤坂が熱弁をふるっており、それを尻目に交差点を渡ると唯一神又吉イエスの街宣車が(しかも神御自らの運転)止まっており、渋谷の街は何やら不穏な雰囲気。

ホールは109のとなり、でっかいユニクロのあるビルの上階。
ホールに入って一際眼を惹いたのが、ステージ上でピンスポットを浴びるTAD(パイオニアのハイエンドブランド)のスピーカー。
そしてその後ろを覗き込むと、やはりTADのモノラルパワーアンプが鎮座。
オーディオオタとしては、テンションが否応なく上がります。

『Pure2 -Ultimate Cool Japan Jazz-』の発売記念イベントという体なのですが、実はCDを買っていないという罰当たり。
なので、ある意味新鮮な気持ちで聴くことができました。

さすがにSuaraさんは上手いので、ジャズアレンジもしっとりとあるいはスイングしながら巧みに歌いこなします。
誰でもできることではないでしょう。

トークパートの司会者はお馴染みワッシーこと鷲崎さん。
このテンポのしゃべり、好きなんですよね。
ちょいちょい入れる小ネタもストライクだし。
(ハンドマイクが遠いのを指摘して「それあの鐘を鳴らすときのポジションですやん」には爆笑)
さんざん笑かしてもらいました。

Suaraさんが所属し、Pureシリーズの発売レーベルであるFIXレコードの下川社長が登場したのですが、どう見ても関西のちんぴら。
喋ってもちんぴらだし、黙っててもちんぴら。
音質にこだわったCD作りをし、自ら曲も作るような人にはとても見えません。

そして、オーディオ評論家岩井喬先生も壇上に。
岩井先生の解説の元、TADのセット(総額2000万円とか)でSACD音源を聴くという時間があったのですが、家庭用オーディオをホールで鳴らすと、しょっぱい音しかしないという驚きの事実を実感。
音が面ではなく点で発せられるので、全く広がりに欠けるんです。
おそらくいい音なのだろうと察せられるんですが、むやみにでかい音にしか僕には聞こえませんでした。
(過去のCEATECでTADは試聴したことがあり、それは大変素晴らしい音でした)

192bitのいわゆるハイレゾ音源も同じくTADで聴きましたが、ものすごくリアルかつシビアな音で、たまげました。
ただ、それが「いい音」かは別問題で、私見ではかなりジャンルや作品を選ぶような気がしました。

下川社長も一つだけ良いことを言っていて、ハイクオリティ音源と圧縮音源との二極化は、むしろ前者を志向する作り手のモチベーションを上げるのではないか、と言っていました。
確かに良い音楽はお金を出しても良い音で聴きたい、という聴き手は相当数いるわけで、はっきりと分かれて付加価値の分ちゃんと金が取れるようになれば、業界が活性化するというの当たっているかもしれません。

オーディオ評論家ながらイベント馴れしている岩井先生は司会が巧みで、一方でグダグダ感がだだ漏れな下川社長ほかスタッフとワッシーの絡みが面白く、このトークパートも相当楽しめました。

久し振りに聴くSuaraさんの歌声はやっぱり素敵で、失礼ながら万障繰り合わせて、というほどではないけれど、ライブがある日に何の予定がなければ行きたい、と思わせてくれます。
ニューアルバムも期待です。

【小田和正】KAZUMASA ODA TOUR 2011「どーも どーも~その日が来るまで~」@東京ドーム2011年10月01日 17時08分

東京ドームの席なんて皆目分からないので、ろくすっぽ調べもせずとりあえず行ってみたら、何とスタンド1階の3列目。
目の前には花道の、立ち止まって歌うためのスポットが設けられていて、神席の予感。
そしてその予感は現実のものに。

東京ドームのグラウンドのタテ・ヨコいっぱいに花道が張り巡らされているのですが、さらに花道から下りて隅々まで走り回るのが小田さんのステージ。
2曲目の「ラブストーリーは突然に」でさっそく花道を下りて、なんとすぐ目の前に。
至近距離であの素敵な歌を歌ってくれました。
もう「キャーッ」ってなもんです。

その後では、「たしかなこと」を目の前のポイントでフルコーラス歌ってくれて、ドキドキ。
「キラキラ」では、歌いながら自転車で一塁側ポール際から三塁側まで走るというシーンを間近で見届けることに。
全く期待していなかっただけに、何度もおいしいシーンがやってきて、興奮しっぱなしでした。

3年前のドームでは、前日のリハで調子に乗ってチャリを漕いでいたら大転倒して腰を強打し、足を引きずりながらという有様だったので、そのリベンジという気持ちもあったのでしょう。
まあ、よく走ること。
すたすた歩きながら歌っても音程は狂わないし、走った後でも息は切れないし、64歳になったばかりのおじさんのタフさはハンパではないです。
筋骨隆々なわけもなく、むしろくたびれた感じですが、影でみっちりトレーニングしているんでしょう。
照れ屋かついいかっこしいだから、絶対にそんな素振りは見せませんが。

面白かったのが岡山でのエピソード。
地元の公園の管理協会から植樹の依頼を受けたので、喜んで引き受けたら、それが議会の承認がなかったということで問題になったのだとか。
ニュアンスとしては、小田さんが勝手に無許可で植樹をした、というニュアンスになっていたのだそうで、せっかく植えた木も引っこ抜かれたしまったそう。
小田さんのことなので、気を悪くするでもなくMCでのネタにして笑い飛ばしていましたが、ひどい話ではあります。

小田さんは本当にキラキラしていて、眩しいくらいです。
おじさんをそろそろ通り過ぎる域に達していますが。
財津さんとは雰囲気がだいぶ異なりますが、どちらも年齢は重ねていますが老いるのとは無縁なのは共通です。
このバイタリティは僕らには真似できないでしょう。

この日は奇しくも母の誕生日で、一緒に参戦しました。
オフコースもチューリップもデビュー当時からのファン。
アコースティックコーナーでは珍しくものすごく古い、母の学生のころのオフコース時代の歌を披露してくれて、非常によい誕生日プレゼントになりました。

【F1】日本GPフリー走行3回目&公式予選@鈴鹿サーキット2011年10月08日 23時52分

とうとう来てしまいました。

金曜日に以前取り損なった有休が取れたら行こうと決めていたのですが、水曜時点であえなくNG。
ただ、いろいろあって、行けるときに行っとかないと二度と行けないかもしれない、と思い、木曜日の昼休みに会社のPCから楽天トラベルにアクセスすると、伊勢市駅前のホテルに空きが。
こりゃもう行くしかないな、と思い、退勤後にチケットを購入して、とうとうF1童貞を捨てることにw。

名古屋駅の切符売り場には、大混雑している他の窓口とは別に、鈴鹿サーキット稲生までの往復切符を売る特設窓口が。
日曜日は名古屋から帰京するので、もちろん購入。

サーキットのオフィシャルHPには鈴鹿サーキット稲生駅から徒歩30分と書いてありますが、のんびり歩いても20分ほど。
ただ、西ストレートに行こうと思うと、それくらいかかるかもしれません。

席はRブロックの上段。
最終コーナー正面で、シケインの飛び込みから、ホームストレート全体と、小さいながらも第1コーナーの飛び込みまで見渡せるポジションで、マシンが見えている時間はかなり長いです。
ピットロードの入口も目の前。
シケインでのマシンの挙動がバッチリ見えるのがとにかく美味しいポジションです。

公式予選後に場内がフリーになったので、今後のこともあるのであちこち見て回ったのですが、見るならRブロックかBスタンドだと思います。
Bスタンドはメインストレートエンドから第1コーナー、S字までバッチリ見えます。
一番コスパが悪いのは、ホームストレートエンドしか見えないAブロックでしょうか。
ホームスタンドも、場所によってはろくにスタートもピットも見えなくて、ホームストレートしか見えないので、値段に見合っているとは言えないように思えます。
(少なくとも、マシンが見えている時間はあっという間)

無論これは私見ですが、Rブロックは開催間際まで割と席が残っていることもあり、安くはないですが値段なりの満足が得られる席だと思います。

フリー走行は各マシンがガンガン周回を重ねるのでかなり見応えがありました。
ただ、最初はいいんですが、ずっと聞いてるとエンジンサウンドがだんだんきつくなってきますね。
少なくとも僕はそう。
カナル型イヤホン突っ込んで場内FM聞いていてちょうどいいくらいでした。

予選の結果は既報の通りですが、セッティングが決まってるのは間違いなくマクラーレンです。
シケインでの挙動が他チームと段違い。
本当に路面に車体が吸いつくような走りです。
一方のレッドブルはそこまでは決まっていない感じ。
それなのにあのタイムってことは、腕と気合いでねじ伏せているんでしょうね。

シューマッハは結構最終コーナーの飛び込みで滑っていたので、あまり決まっていない感じ。
それでも手堅くまとめるのは、腕なんでしょうね。
それ以前に、シューマッハが走っている姿を見られて、胸熱でした。

カムイは天晴れでしょう。
申し訳ないけどあまりカムイ贔屓にはなれないのですが(原因はもちろん……)、率直にすごいと思いました。

VIP席の出入り口で出待ちしている人だかりがあるので、様子をうかがっていたら、リカルド・パトレーゼを目撃してしまいました。
往年の名ドライバーも来日してるんですね。

サーキット全体が賑やかで、三重県挙げてのお祭りという感じ。
食べ物飲み物もそんなに並ばないし、トイレも空いてる。
予想していたよりはるかに快適でした。
こりゃ確かにクセになります。
諸々の状況が許せば、何度でも来たいです。