【歌】坂本真綾 小田和正 畑 亜貴2010年10月21日 00時00分

○坂本真綾:「DOWN TOWN」・「やさしさに包まれたなら」・「悲しくてやりきれない」
まず生成りの手触りの音にホッとする。
生の楽器で曲を作るのは手間も技術も必要だが、真綾のチームはそれらを惜しまないので、特別なことをしているわけではないのに一歩抜きん出たものができる。

最近はごりごりの音を詰め込めるだけ詰め込んで、音楽的にはどうか知らないが、一番肝心な「歌」を置き去りにしたような曲が多いだけに(僕の知る限りでは、最近のエレガはこの傾向が強い)、さすがに真綾の歌は、「歌」と「音」が有機的に融合していて、実に聴いていて心地良い。

一曲目は服部隆之率いる特別オーケストラ、二曲目はDEPAPEPEと、バックに控えるは錚々たるメンバー。
三曲目のピアノ・トリオのJAMも、寡聞にして存じ上げないが、ミディアムテンポの中にちらりと毒をかいま見せて、なかなか一筋縄ではいかない感じ。
そんな音をバックに、真綾は軽やかに歌い上げる。
久しぶりに、新曲で良い歌を聴いた。

「魔法の黄色い靴」とか「人生ゲーム」とか初期チューリップの歌を歌わせたらすごくはまるような気がするのだが、そんな機会はないものだろうか。

録音が極上なのは、言わずもがな。

○小田和正:「さよならは 言わない」
昨年出た新譜を買い忘れていたことに気付き、慌ててぽちった一曲。
自らの名曲のアンチテーゼのようなタイトルと歌詞が、流れた年月を思い起こさせる。

弦と木管が主体のサウンドをバックに、60歳を過ぎても透明感を失わない美しい声が切々と歌を紡ぐ。
真綾は良い歌を作ろうと努力しているが、小田さんはただ心のおもむくまま歌っている。

僕とて小田さんの半分くらいしか生きていないのだから、えらそうなことは言えないが、ようやく小田さんが歌う、眩しかった過去を振り返って眼を細めるような気持ちに共感ができるようになってきた。

ボーカルを存分に活かした録音で、実に聴きやすい。

1曲しか入っていないから@525。
小田さんだからできることかもしれない。

○畑 亜貴:「万能に滾る如何様」「オマエのココロは貧乏」「絵になる欺瞞」
一曲目は歌詞からしてダークな歌かと思ったら、何だか脳天気な曲調でいささか拍子抜け。
歌詞はかなり好きなのだが、どうも曲と合っていない気がする。
これが畑さんの個性のような気もするが、いささか得心がいかない。

二曲目は「みんなのうた」に採用されそう。
三曲目は暗中模索といった感じで、ここでやっと納得がいった。
どうも期待値が高かっただけに、想像していたものと出来がだいぶ異なったので、肩すかしを食った気分である。

録音はランティスにしては良い方だと思う。

しばらくは真綾と小田さんのヘビロテかな。

コメント

_ cindibunte.weebly.com ― 2017年08月01日 18時40分

Hi, I log on to your blog daily. Your humoristic
style is witty, keep it up!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://reallifecreation.asablo.jp/blog/2010/10/21/5429374/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。