財津和夫コンサートツアー2010@藤岡みかぼみらい館(5/29)2010年06月02日 00時15分

最寄り駅八高線群馬藤岡からバスで10分、そのバスも1時間に1本、しかも終演時間にはないという、公共交通機関で来場することはほぼ不可能であるにもかかわらず、1000人のキャパがあるこのホール。
にもかかわらず、2階の後ろまでぎっしりお客さんが入っていました。
さすがです。

お隣は40絡みの主婦二人連れ。
聞くとはなしに話を聞いていると、子供の話やパートの話。
6/4のNHKホールは「子供のお弁当があるからねえ」なんて話が聞こえてきました。
一家の主婦が、旦那も子供もいる土曜日の夜に家を空けるのは、サラリーマンが平日に休みを取るのより難しいことだと思います。
愛がなせる業です。

SALツアーを経ての久しぶりの財津さんのライブでしたが、感じたのが圧倒的な安心感。
危なっかしい情熱はないのですが、枯れているというのではなく、余分なものがなくなって本当に大切なものだけが残っているという感じ。
ずっと立ちっぱなしで、腕振り上げて飛びまくるライブも良いのですが、何だか実家に帰ってきたようなホッとする感覚は、やはり忘れられないものです。

ツアー自体一ヶ月のお休みを挟んで、久しぶりのライブと言うことで、財津さんは絶好調。
歌もMCも実に滑らかでした。
後半戦のメドレーが圧倒的な美しさで、この日も涙。
隣のお二人も涙ぐんでいるようでした。

美しく、愛に満ちた歌に包まれて心のボルテージは最高潮。
みのりんの晴れの日に向けて、テンションはいや増すばかりとなるのでした。

【みのりん】Minori Chihara Live Tour2010「Sing All Love」@日本武道館2010年06月03日 22時56分

01.Final Moratorium
02.Paradise Lost
03.Flame
04.Falling heaven's now
05.Love Medicine*
06.tea for two
07.優しい忘却
08.雪、無音、窓辺にて。
09.純白サンクチュアリィ
10. 孤独の結晶
11.雨音のベール
12.サクラピアス
13.PRECIOUS ONE
14.Lush march!!
15.Last Arden ~ too late,not late... ~ Voyger Train (日替わりメドレーその1)
16.mezzo forte ~ FUTURE STAR ~ 輪舞 -revolution- (日替わりメドレーその2)
17.Melty tale storage ~ 蒼い孤島 ~ 詩人の旅 (日替わりメドレーその3)
18.animand~agitato
19.君がくれたあの日
20.書きかけのDestiny
21.愛とナイフ
22.覚醒フィラメント
23.Perfect energy
<アンコール>
24.Tomorrow's chance
25.Contact 13th
26.sing for you

2階南東B列でした。
スピーカーとの位置関係が良かったのか、意外にも音はまともでした。

あまり多くを語る言葉を持ちません。
ただただ、幸せだなあ、と思いました。

みのりんは僕にとってかけがえのない「PRECIOUS ONE」であり、断トツの存在です。
死ぬまで僕はみのりんの歌を愛し続けるでしょう。
そんなことを思いました。

財津和夫コンサートツアー2010@NHKホール2010年06月05日 02時08分

直前に稲荷町にて一仕事。
これが思いの外時間を取り、渋谷駅から猛ダッシュする羽目に。
ホール到着と同時に最初の曲が始まっており、入口で立って聴くことを余儀なくされてしまいました。
平日18:30開演でこれで収まったのだから、よしとすべきでしょう。

NHKホールは3階後方までぎっしり。
先週の藤岡などと比べたらステージの大きさも比較にならないのですが、財津さんの存在感と安心感は揺るぎません。
そして、このでかいステージでも財津さんはイヤモニなどは使わず、モニタースピーカー1つのみ。

いつも思うことですが、みのりんや奈々さんのライブよりも、財津さんのライブの方が聴衆の歌への集中度は高いような気がします。
クラシックの演奏会以上に、静かなんです。
で、歌の間は一件大人しく座っているようで、みんなちゃんと身体を揺らしてリズムを取ってる。
とにかく真剣に歌を聴いてるんですよね。
こういう姿勢は見習いたいもんだと思います。

あと、音が良いのも特筆ものですね。
ステージで演奏している全ての音が、どんな席にいてもちゃんと聞こえる。
財津さんが弾くとはなしに弾いているようなギターの音も、きちんと聞こえます。
この辺は是非見習ってもらいたいです。

バックバンドは表には出てこないものの、当然みんな腕っこきのミュージシャン。
ことにドラムの田中徹さんがかっこいいんです。
ガンちゃんやバルさんと違って、ほとんど肘の位置を変えずにスナップで打つドラミング。
裏拳の要領でシンバル叩く姿など、惚れます。
出しゃばらないけれどもかなり手数は多い。
渋いです。

財津さんのアコギのソロで始まる曲があるんですが、これがまたかっこいい。
技術云々ではなく、ギターでも歌うことができるんですね。

さすがに今回のツアーで一番大きな会場ということで、ダブアンもやってくれたし、滅多にそういうことをしない財津さんが、ダブアンで登場時にツアーTシャツを着て出てきました。
それが僕が持っていないグレーのやつだったので、終演後迷わず買いましたw。
(パーカーとTシャツのセットが5000円と良心価格になっていたのも有難かったです)

秋からはまた地方の小さなホール中心の「LIVE & TALK」を始めるということで、wktkです。
まあ、新曲をそうそう出すわけでなし、ライブ以外はすることがないんでしょうw。
歌うことが大好きなのは間違いないですしね。

歌がある空間と、心から歌を愛する人たちがいる空間ってのは良いなあ、とつくづく感じたライブでした。

【雑記】坂本真綾論2010年06月09日 23時20分

一つ前置きしておくと、僕は現在進行形で真綾のファンですので、そこはご了解のほどを。

   ※     ※     ※

『少年アリス』後の真綾にはあまり興味がない。
『夕凪LOOP』は全く感心しないし、『かぜよみ』もたまに聴くと悪くないが、愛聴するほどの関心はない。

真綾が優れたシンガーであることは疑いがない。
『夕凪』のころは菅野さんから巣立った後の「迷走」が目立つが、『かぜよみ』は真綾らしさが出ていると思う。
だがしかし、聴いていてあまり惹かれない。

『少年アリス』まではあった「少女の毒」がそれ以降抜けてしまったからだと思う。
毒、という言い方が強すぎるようであれば、「棘」と言い換えても良い。
いずれにせよ、『アリス』までの真綾の歌には、ただ耳に心地良いだけではない、聴く者の心に引っ掛かる何かが確かにあるのだ。

具体的に何が、どういう風に引っ掛かるのか、と問われると返答に窮する。
感じてください、としか言い様がない。
ただ、例えば「ユッカ」「私は丘の上から花瓶を投げる」「光あれ」あたりは、僕なりの言い方で言うところの「毒」が強い曲だと思う。

当然だが、人はいつまでも少女ではない。
菅野さんとの別れは、少女時代との訣別の象徴だったのかもしれない。
そして真綾の歌から毒が抜けた。

適切なたとえでないかもしれないが、無垢な乙女である巫女が、男を知って普通の女になった途端に神通力を失うような、そんな感覚である。

真綾が優れたシンガーであることは、今でも変わらない。
ただ、毒のない真綾は、僕にとってはただの優れたシンガーでしかないのである。

いや、正確には『かぜよみ』に毒はある。
ただ、それは「大人の女の毒」なのである。
そして、それは僕が苦手としているものでもある。

みのりんに否応なしに惹かれる理由の一つは、大人の女の毒が全くないことが挙げられる。
みのりんの魅力は毒ではなくもっと別のものなのだが、それが何なのかは、上手く説明できそうもない。

今の真綾が魅力的に感じられないからといって、それ以前の作品の価値が減じるわけでは決してない。
いつまでも愛聴し続けるだろう。
僕にとって坂本真綾は「過去の人」なのだが、過去に放たれた光は、あまりにも眩しいのである。

【あーや】平野塾会報着弾2010年06月15日 23時31分

インタビュー形式で休養についてのことが書かれています。
無論全てが明らかにされるわけもないが、そらっとぼけたりせず、きちんと本人の口から説明をする形で騒動に触れたことは、評価できると思います。

何があったのかは想像するしかありませんが、おそらくあーやにもとんがりすぎたところがあったのは間違いないでしょう。
本人にとっては辛いことだったでしょうが、良い転機になるのではないかと思いますし、そうできないようではあーやもそれまでである、と言えると思います。

みのりんや奈々さんのように不遇を経験していないアーティストには転機が必要です。
真綾が菅野さんから巣立ったような。
形としてあまり芳しくないとはいえ、今回の出来事は前向きに捕らえるべきでしょう。
あーやの言を聞いている限りでは、本人のそう思っているようなので、安心しています。

今年はどうもあまり目立った動きはないようですが、エネルギーとパッションを充填したあーやが今後どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみです。
今月がFCの更新期限なんですが、もちろん更新です。