【みのりん】Minori Chihara Live Tour2010「Sing All Love」@栃木県総合文化センター2010年05月03日 11時29分

ネタバレにならない程度に総括。

僕は調整卓のすぐ後ろ、要は1階後方にいたんですが、今までの中で一番良い音だと思いました。
みのりんのボーカルがとにかく豊かだったし、ドラムがガンガン来るのも気持ちよかったですし。
(今回ツアーはドラムのマイクの本数増やしてる気がします)
ただ、2階のマイミクさんはかなり芳しくなかったそうで、場所によって音が変わるってことはやはり良いホールではないんでしょうね。
(そう考えるとNHK大阪ホールは偉大です)

みのりんはかなり力が入っていたような気がします。
いつになく感情的な歌唱でした。
無論、それが良いわけです。

interludeでケニーが出す音をどこかで聴いたことがあると思ってずっと考えていたんですが、ヴァン・ヘイレンの「Jump」のイントロであることに今日気づきました。
ケニー専属のローディーがいることに皆さん気づいてるでしょうか。
縁の下でアナログシンセを支えています。

今日のバイオリンはゆうちゃん。
(これからは小先生と呼びましょうwww)
ゆうちゃんの音は大先生と比べて線が細いので、大きなホールだと若干不利。
ただinterludeなんかだと、キレがあってかなり良いです。

調整卓の後ろだったので、斎藤さんの様子がよく見えました。
斎藤さんは終始難しい顔をしてじっと舞台を見てました。
ただ、ラシュマ(これは別にみんな先刻承知だからネタバレにはならんですよね)のときだけ、おもむろに旗を取り出して、やっぱり難しい顔のまま振ってました。
そして、終わると几帳面にきれいに巻いて仕舞うというw。
(ツイッターで曰く、いろいろなことを確認しながら見ているので、険しい表情になってしまうんだとのこと)

例の一件は、やはり非難の声が大勢のようです。
僕も個人的にはかなりイラッときました。
ライブの楽しみ方を強制することはできませんが、ただアーティストの歌唱を遮る行為は厳に慎むべきだと僕は思います。

良いライブでした。
帰途での有様は呟いた通りですがw、まあ些細なことです。
明日も良いライブになることを期待して、床に就きましょう。

コメント

_ verniademmel.weebly.com ― 2017年07月31日 23時10分

Hi there mates, its enormous post about teachingand fully explained, keep it up all the time.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://reallifecreation.asablo.jp/blog/2010/05/03/5058246/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。