それだけは勘弁してください2009年06月04日 23時45分

僕の職場では毎年夏に「納涼祭」を行っています。
これは従業員やその家族のみならず、お取引様や近隣の方との親睦を深めることを目的に行われ、工場の敷地内で焼そばやらフランクフルトやらかき氷などの屋台を出し、大型トラックの荷台を舞台にしてカラオケ大会なんかもやったりして、毎年大いに盛り上がるのです。

本来楽しいイベントなのですが、総務担当者である僕は現場監督として、数日前から準備を始め、当日も朝から20時過ぎの終了まで工場中を飛び回りまくり、上司のご機嫌を取り、お取引先にお愛想を使い、おばちゃんたち相手に軽口を叩き、終わったときにはへろへろになる、そんなイベントです。
(祭りの最中はマスコットとしてちゃんと浴衣を着るんですよ。ただ、雪駄履いて走り回るのがまた疲れるんですが)

この納涼祭、例年は8月下旬に行われるんですが、今年は8月に工場の移設などがありそんなことをしている余裕はないので、やっても9月に入ってから秋祭りみたいな感じでやるようだという話を上司としていたので、すっかり安心をしておりました。

今朝何気なく雑談をしていると、先日の製販会議の場で、工場長が納涼祭をやる気満々であることを明言した、という話になりました。

僕「え~。ま、そらいいですけど、いつやるんですかね」
同僚「8月22日だって」

( ̄□ ̄;)!!

いやいやいや、それはまずいでしょう!
いや、・・・ええ!?
だって、ねえ?

アニサマにみのりんが出るんですよ。
みのりんの歌に会いに行く大事な日なんですよ。
それはないわ~。

こうなったらもう闘うしかないですよ。
9年と2ヶ月のサラリーマン生活で培った手練手管の限りを尽くして、工場長を籠絡せねばなりません。

入社40年目、執行役員工場長 VS 入社10年目、ヒラ総務課員

何だかレベル一ケタでローラ姫を助けに向かうぐらいの戦力差ですが、勝ち目がなくはないのです。
一昨年、アメリカ研修で僕がいないという理由で綿々と続いてきた慰安旅行が中止になりましたから、この流れに持って行けば勝てるはずです。

みのりんをかけた闘いの行方は?
乞うご期待!

コメント

_ woebegonebreast59.wordpress.com ― 2017年05月09日 11時56分

Glad to be one of many visitors on this amazing
website :D.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://reallifecreation.asablo.jp/blog/2009/06/04/4342981/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。