DVD「Chihara Minori 1st Live Tour 2008 ~Contact~」2008年06月26日 23時40分

昨日手許には届いていたのですが、出張&飲みで見ることができず、今日は仕事を2つ3つほったらかしにして帰宅し、さっそくプレイヤーにかけました。

ライブ自体の感想は、その時々の記事で詳述しているので、あえて繰り返すことはしませんが、やはり何という歌の力だろうと思います。
ブラウン管、スピーカーを通しても、胸に迫ってきます。

全公演通えば当然セットリストも頭に入っているのですが、曲が終わるたびに「次はどんな『歌』なんだろう」と胸をはずませっぱなしでした。
その興奮がまざまざとよみがえります。

世間にはもっと歌が上手い人がいますし、もっとよい声の人もいます。
(みのりんのライブでの歌唱の安定度は抜群だと思いますが)
しかしそういう形而上的なものを超越した、言葉にはできない力がみのりんの歌にはこめられています。
少なくとも僕の琴線にはそれがビンビンに感じられます。

映像をじっくり見て改めて思ったのですが、みのりんは歌っている姿が実に美しいですね。
舞台を照らすオーラを感じます。
この手のオーラは、天海祐希などごく限られた真のスターにのみ感じられるものですが、その歌と同様、みのりん自身も一つの確かな世界を感じさせます。

MCがしっかり入っているのもうれしいですね。
特に「13th」直前の心温まるMCがほぼノーカットで収められているのは、さすがランティスさん分かってらっしゃるといった感じです。
(テレビの前でホロリとしてしまいました)

残念なのは、どうもドラムの音がここぞというところで前に出てこないこと。
これは録音の問題というよりは、僕のシステムの問題でしょう。
やはり初期型のパイオニアのプレイヤーでは限界があるのでしょうか。
ここはやはりユニバーサルプレイヤーを買えってことになるんでしょうか・・・。

こんなすごいとしかいいようがないライブに参加出来た幸運に、改めて感謝します。

さて、ぼちぼちお仕事しますかね・・・。